「また絶対見に来たい!」星空ツアー

こんばんは。ガイドのなおです。今夜は8人のお客さまを星空の世界へご案内しました。

ツアーが始まるとすぐ、「いちばん星見付けた?!」 と、西の空を指差す皆さん。夕焼け色の残る美しい空に、いくつかの星が見え始めました。

天体望遠鏡で星を見ていると、東の空からぐんぐん大きな雲が近付き、星をひとつ、ふたつ…と隠していきます。そして、ザァーっと、大雨をつれてきました。水の惑星、地球ならではの光景ですね。(写真は、その大雨が去ったあとの夜空!

大雨が去った後の星空

車で雨宿りしていると、草むらで小さく光るものが。
雨と一緒に星が降ってきたのでしょうか?
いえいえ、それは、ホタルの幼虫でした。
雨は生きものにとって、お恵みです。

5分ほどで雨が止み、ツアー再開!
その後は天の川もバッチリ見えました。

波の音が響く海辺に寝転がり、ガイドの話す星座の話に耳を傾けます。優しい月明かりに照らされて、参加者の皆さんの笑顔も沢山。

ライトで星を照らすガイド

「自分だけの星座作り」を楽しむ子どもたち。自分の好きなように星星を結び、「うつわ(器)座」や「なべ(鍋)座」「ろく(6)座」を作りました。ツアーも終わりに近付いた頃、「ねぇねぇ、もうひとつ星座作ったよ!秘密の星座なんだけどね…」と、ガイドに耳打ちしてくれた小学校1年生の男の子。

この見えてる星、ぜーんぶで、“せかい(世界)座”

嬉しそうに教えてくれました。星の光のような素敵な想像力に、ガイドの心もほっこり。教えてくれて、どうもありがとう^^

こどもたちが指さす星空を見上げる

ふと気づくと、海に映る雲は、不思議な美しさを放っています。
突然の大雨もあったけど、陸と海とをつなぐ地球の大切な営みに触れられた2時間でした。

天体望遠鏡と海に映る雲

地元に帰ってからも見られる星座をお伝えすると、「今日見た星座、覚えておこうね」と、笑顔でささやきあうお客さまの姿も。
ツアーが終わってからの帰り道では、「また絶対見に来たいね!」 とお話ししていた声に嬉しくなるのです。

rinpana 05

私たちの星“地球”も、たくさんの星たちといっしょにこの広い宇宙を旅しているんですね。
みなさんも、プラネタリウムではない、”ホンモノ”の星空を見に来ませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です