ホタルツアーにかけるガイドあきらの想いとは?スタッフのなおが聞いちゃいました

ガイドあきらは、ホタルの守り人。

りんぱなは、他社と違って「ホタルを見せることで、ホタルを守る」ホタルツアーを開催しています。島に訪れた人に美しい光景を見せるためのツアーでもあり、同時に、ホタルのためのエコツアーでもあるのです。
 

ずっと聞きたかったこと、聞いてもいいですか?長年続けてきたあきらにしか言えないことってあると思うんです。

なお

あきら

もちろん!
私もお話したいことが沢山あります。毎晩ホタルツアーをご案内しているんですが、ホタルツアーとはどんなツアーか、以前撮った写真でも見ながらお話しましょうか^^

この美しさ・・!これは、お客様も笑顔あふれることでしょう。昨夜のツアーでは泣いてしまった方もいたようですね。感動の涙と笑顔が共存するツアー、素敵です。

なお

さて、本題。
「ホタルを守る」ことを続ける中で、まず頭に浮かぶ言葉ってどんな言葉ですか?
ここまで続けられる原動力となるのは、いったいどんな想いなのだろう、、前から知りたいと思ってました。

なお

あきら

うーーん。言葉に表すと、まずは「きれい」ですかね。
ホタルの光ってきれいですもんね!まるで、森の宝石のようで。

なお

あきら

そう。それにきれいなのは、ホタルの光だけじゃないんです。ホタルの光の粒がただよっている、あの空間すべてが、きれいだ・・・と思うのです。

あきら

あともうひとつの言葉としては、「いのち」。光の粒、そのものが命です。調べていくと、知れば知るほどホタルは過酷な生活をしている。「命をかけて命をつないでいく姿」、それがホタルの乱舞なのです。
森に息づく命が、光を放っているのですね。

なお

あきら

一粒一粒の命が、飛び交っている。時間と場所を決め一同に介して、子孫を残すパートナーを探す(出会う)んです。
それって人も同じですよね。姿かたちが違っても、命ってみんな同じだと思います。
ホタルたちの光、どの光も、ひとつとして同じものは無いんだなぁ。人の命と同じで。そう思うと、愛おしい気持ちが強まりますね。

なお

あきら

ホタルは、よく「儚い」「短命でかわいそう」と言われるけど、そうは思えません。むしろ人よりも幸せな生きものだと私は思います。
なぜって、出会うこと(子孫を残すこと)がゴールだから。メスは卵を生んだら1日程度で土に還りますが、私たちと違って明確なゴールを達成して死んでゆきます。潔く、そして達成感に満ちているでしょう。またこれは研究中ですが、メスの亡骸は死してなお卵を守るかもしれません。

ホタルにはホタルの生き方がある。私、そんな彼らの命の営みを大切にしたいです。

なお

あきら

実はホタルって、人がいかようにも出来る命なんです。彼らの生きる環境を、人はどうにでも変化させることが出来る。街灯を付ければ絶滅に追い込めるし、適切な時期に草刈りをすれば数を増やせる。

あきら

人と共にある生きもの、それがホタルです。
人とホタル。同じこの地球の上、同じ水をわかちあって生きている、同じ命なんですね。

なお

あきら

そう!だから私は、命が光るあのきれいな空間を、ずっと守っていきます。これからも、ずっと、ずっと・・・。
まとめ
ホタルへの深い想い、ご覧下さりありがとうございました!
人とホタルが共に生きてゆける未来へ、この光をつないでいきたい。そう強く思いました。

石垣島のホタルに興味をもってくださった方はぜひこちらのページも御覧ください。ホタルを見るときに大切なことをまとめています。

石垣島への旅でホタルを見たい方は、ぜひホタルツアーにもお越し下さい。お会いできる日を楽しみにしています!ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください