NEW 3〜6月はホタルの季節。ホタル&星空ツアーが大人気です。

風の強い心地良い一日、今夜のホタルツアーは

こんにちは。ガイドのあきらです。
GW前後に出張があってお店に出たり入ったりと、落着かない日々に、いくつも書きかけのブログがあります。

ホタルツアーも毎晩開催中。今夜もホタルを見に夜の森へと行ってきました。

ヤエヤマヒメボタルは最盛期を過ぎました。今年は例年より1ヶ月近く早く光り出したからか、終る時期も早いかもしれませんね。

風が強いと飛ばされてしまうし、気温が低いと動けない。月明り程度の明りさえ嫌がります。

おまけにホタルの場所で明りをつけっぱなしにして止ってしまう車まで現れてしまい、悲しい気持になりました。

ホタル用の容器に、一匹のオスのホタルをつかまえてその様子をお見せします。お子さんも、だっこされてホタルに見入っていました。

ホタルがカメラのすぐ目の前を通ったので、ぼんやりと大きな光の玉が。

写真を撮る人は玉ボケ、なんて呼んでこの写りを喜びます。ホタルが通過する場所を知らなければ写らない輝きなので、こんな写真が撮れるとホタルに近づけた気がするからかな。

そして今夜は凄い星!

ホタルを見終ったら360度、星が見渡せる星空スポットに移動しました。上の写真は、北斗七星を示すガイドの明り。

満天の星とは、こんな日のことを言うんですね。

今夜は特別星がきれい。空気がきれいすぎるので、キラキラと瞬くこともなく、ただ星らしくそこに輝いていました。

今年いちばん、きれいな星空でした。

皆さんと森の中でご一緒できて、私も嬉しい時間でした。ありがとうございました!


そして、
今夜は車が2台。そのうちの1台は、明りをつけっぱなしにしてホタルが光っている場所まで乗りつけて、そこで止ってしまいました。参加者の皆さんの悲しそうな声と、光を消して草むらに隠れるホタルたち。

知らないということは、悲しく、恐ろしいです。「ホタルの見方」などで検索して、調べてから言って欲しいし、ラジオやネットでも「あそこに行けば見れるよ」といった無責任な報道や情報掲載が目立ちます。行けば見れるけど、そこに行くことでその自然を壊してしまう。メディアはそれを推奨するための存在ではないはずです。早ければ10年後にも数が激減しかねません。どうか、明るい未来をご一緒に作れるようなメディアであってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください