どこかにきっと太陽がいる。

夕暮れどき、みんなが家に帰るころ、私は仕事に出かけます。ホタルを見たいお客さまを森にご案内するためにお迎えに行くのです。

浄水場からの眺め

私の通勤ルートには、いくつかのお気に入りの景色があります。そのひとつが、浄水場から眺める竹富島や西表島の、海の風景。

今日は、雲の切れ間から差し込む太陽の光が、新城島と西表島の間を黄金色に照らしていました。こういう景色が、大好きなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください