[うるまの森再生プロジェクト]植樹苗を買いに、森の中の農場へ

今日はいよいよ植樹の日。ローソンさんの時は苗屋さんに納品してもらいましたが、今日は自分達で苗を調達しに行きます。この苗屋さんに行くのも1つの楽しみなんです!

昨日のブログ

サンゴ礁を守るため最強コンビ到着

この「うるまの森再生プロジェクト」の資金はクラウドファインディングで集いました。その全てをタニヤンが担当。一人黙々と資金調達を頑張ってくれたんです。ホントすごいと思う。タニヤン、サンゴ礁のためにありがとう。

そんな思いを胸に農場に行くと、手前でネコ。行こうか行くまいか迷う気持は解る。さぁどっちだ。

ネコを構いながらガタガタ道を下って農場へ行くと「買いに来たか」とニコニコ笑顔の親父さん。「こっちだよ」と所狭しと並べられた苗達の間を抜けていきます。(撮影タニヤン)

あれが6年かな」と、苗の成長した姿を見せてくれました。もうハウスを突抜けてズドーンと成長しています。

苗をもらおうと「会計は」と切出すと「息子に言っとけ」と一言。それより捕まえたクワガタを僕らに見せたくてワクワクしています。

「鼻挟ましてごらん!」ヒヒヒ…とちょー嬉しそう(笑

僕らのすぐ横ではサキシマカナヘビが花蜜を舐めてたり、農場にはいろんな生きものがいっぱい。

話をしてると時間はあっという間。いよいよ苗を運び出します。

ハイエースは荷室が広いからイイ。大好き。

小さな植物園みたいに。

積込んだらしゅっぱーつ!

途中川平湾を見に。「あの山が以前登った山ですよー!」とあきら。

実は植樹パートナーのタニヤン、元々りんぱなの常連さんなのです。

植樹エリアに移動したら早速、植え場所の相談。

ですがプロジェクトの話題が広がってなかなか植付けが始りません。朝買いに出掛けて戻ったのは13時を過ぎ。さぁ無事に植わるのでしょうか?

追記:2018/11/17 親父さんからもらったクワガタ、今日も元気にしていますよ!

次のブログ

[うるまの森再生プロジェクト]いよいよ植樹スタート!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください