[写真多] 久しぶりの休日はサンゴ礁の調査と、サンセットSUP

今日は久しぶりの休業日、の予定でしたが… SUPツアーの開催地(浦底湾 うらそこわん)に出掛けてサンゴのフィールド調査をしてきました。

3ヶ月ぶりの連休は離島にでも行こうかなと思っていたのですが、台風24号が石垣島周辺を通過、または直撃の恐れもあるので、むむむ…。またも連休は風と共に去って行きます。

まずはサンゴの移植スポットに立寄ります。

ツアー中はじっくり写真が撮れないので、今日はマクロ撮影にチャレンジ!

移植したサンゴがネットを覆い始めています。数週間でこんな風に成長するんですね。

このネットは、鹿島建設さんからご提供いただいたサンゴ植付け専用のコーラルネット。ネットの升目は20mm。サンゴの小ささをイメージしてください。

参考 鹿島建設プレスリリース鹿島建設HP

海の透明度も調べます。風、波、潮汐によってころころ変わる面白い日。

海面はベタ凪です!

いよいよ、やりたかった調査のスタート。海底に鉄筋を打込み、長さを測るための巻尺をセット。

さらに10mおきに鉄筋を打込みます。

素潜りで潜って、どんなサンゴがいるか記録していきます。

今日は全部で55このサンゴを調べて、もう一つ別のラインを設置したところで夕暮に。海の中も暗くなってきました。

ちなみに調査器具はとってもシンプル。マスク・足ヒレなどのシュノーケル道具と50mの巻尺、GoPro5(デジカメ)、こども用お絵かきボード。ダイビングではなく、シュノーケルという身一つで調査をしていきます。

記録に使っているのはこども用のお絵かきボード。これがイイんです!笑

おもちゃのように軽いので(おもちゃだから)積込みも楽チン。

このボード、透明な下敷を差込んでお絵かきの練習ができる、という製品なんですが、調査項目をラミネート用紙に書けばこの通り↑ 調査内容によってラミネート用紙を変えれば書込みも楽チン。全部プラなので錆びないしとっても重宝しています。

だいぶ薄暗くなってきましたが、どこまでも穏やかな美しい海面…。どこまでも漕いでいきたくなります。

行っちゃうか!と、日が沈む米原ビーチ方面へ。気づくと2キロほど漕いでいて、何匹ものウミガメとすれ違い、青の洞窟で泳ぐシュノーケラーの嬉しそうな声が聞えて。

夕陽から目を離しUターンを始めると、後ろにはこんな景色が!!!

もう、、どこを見ても美しい。。

自分のパドルが水をつかむ音と遠くで鳴く鳥たちの声。そして、時折飛跳ねる小魚の群れの ザァッ という音。毎日こんなだったらいいのにな。こんな日にお客様を案内したらきっと喜んでもらえるのになぁ。

iPhoneの壁紙用に撮った一枚。皆さんもどうぞ^^

そんなことを考えながらスピードを上げて帰ります。急がないと真っ暗になっちゃう。でも海面に揺らぐ月明りを見て満月だって気づいて、少し明るいからいいかなと思ったり。

だーれもいない海をどこまでも漕いでいく。休日だからこその贅沢な時間。気持良かったなぁ。

好きなことしてると時間があっという間に経っていきますね。

ガイドあきら

秋は日暮も早まるし、サンセットツアーの後に「美味しい島料理とオリオンビール」なんて贅沢もありますよ!この秋。サンゴのきれいな海をのんびり漕ぎに来ませんか?お待ちしてまーす!
この写真、接写を除き全てこのGoProHero5(防水デジカメ)↓で撮ってます。リクエストで写真ツアーもやってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください