NEW 冬の星空ナイトツアー OPEN!

米原ビーチ

このページについて

米原ビーチの写真

米原ビーチとは

石垣島の北にある、サンゴでできた美しいビーチ

石垣島や沖縄の観光ガイドブックには必ず載っている「米原(よねはら)ビーチ」は、一面がサンゴが削れてできた白砂でできている美しいビーチです!とても広いビーチで、端から端まで、のんびり歩いて10分以上かかります。夏場は観光客で賑わいますが、地元の人たちも沢山遊びにくるビーチです。「夏場は人がすごいんじゃないですか?」とよく聞かれますが、テレビでみる江ノ島海岸のような人の賑わい方はありません。広いビーチだし、ちょっと歩けばだ〜れもいない場所もある、そんなビーチです。

米原ビーチでは、街中から車で30分のドライブでサンゴ礁が見れます

この米原ビーチは、シュノーケルを楽しむのにもいいビーチです。満潮時は足のつかない場所もありますが、全体的に泳ぎやすいビーチです。最近はシュノーケラーなどによってサンゴが折られて減ってしまっているので、皆さんにも気をつけて泳いで頂けると嬉しいです(サンゴやそこに住む生き物をみに泳ぎに行くんですもんね)。私も仕事のあとに1人で泳ぎにきたりします。サンゴはどこにでもあるわけではなく、「ここすごくキレイ!」って場所は最近では数カ所になってしまいました。でも、そこは少し遠いし、満潮時は足が着かない場所なので初心者の方だけで行くには不向きな場所かもしれません。安全対策については一番下をご覧ください。

トイレやシャワーなどの設備

米原ビーチには、温水シャワーはなく、川の水をそのまま利用した冷たいシャワーが4カ所 15室ほど設置されています。トイレは3カ所あり、トイレットペーパーも常備されています。近くに住む人が管理をしているので紙が切れていることは無いと思いますが、心配な方が持参した方がいいかも(そんな事はマズないと思うけど)。管理施設、ロッカーなどはありませんので、貴重品の管理をしっかりしてください。車上荒らしなどが多発した時期もありました。車のロックもお忘れ無く!自動販売機は数カ所に設置されています。ゴミは持ち帰るようにしてください。

米原ビーチの場所

米原ビーチは、石垣島の市街地(旧空港、離島ターミナル周辺)から車で30分〜40分。新空港からなら車で15分、川平から15分で来られる場所です。

隠れた夕日スポット

これはあんまり教えたくないんですが…(笑)でも書いちゃいます。このビーチで見る夕日は最高です!太陽は水平線には沈まなくて、西側の川平(かびら)の方向に沈みますが、それでも十分美しいんです。海に囲まれた島なので、毎日のように水平線に太陽が沈むと思われがちですが、水平線に沈む夕日を見るのは私も年に数回ほど(ナイトツアーなどを開催していて見に行けない、というのもありますが)。水平線には雲があることが多く、いつも雲に沈む夕日を見ています。でもでも、その雲に沈む夕日が美しいんです。日が沈んだ後、雲と海の間が黄金色に染まり、その上はピンク、空の高い所は紺色、時間が経つにつれ、色も変わっていきます。マジックアワー、と呼ばれたりしますが、ここで見る夕日、私は大好きです。

米原ビーチで夕日を見るには

ポイントは、あまり歩き回らないこと。ビーチから駐車場が見えないし、駐車場からビーチに出る道が細いので、迷いやすいです!夕日を見に来る人がほとんどいないビーチなので、駐車場の入り口が見える場所で動かないようにして夕日を見るのがおすすめ。1日の最後、パートナーに慌てる様子を見せないように気をつけてくださいね(笑)

シュノーケルの時に気をつけてほしいこと

 特に干潮時はリップカレントと呼ばれるサンゴ礁特有の引き潮が発生します。yahooニュースなどにも載りますが、年に1〜2回、この引き潮によって人が流されて事故がおきています。引き波が起きる場所はビーチからかなり離れた場所ですが、ビーチから外洋に向かって真っ直ぐ泳ぐと5〜10分ほどの距離です。マスクやシュノーケルを付けていれば、5〜10分なんてあっという間ですから、ガイドなどを付けずに泳ぐ時は、ビーチに対して平行になるように、岸から離れすぎないように泳いでください(直角に泳ぐと外洋に出てしまいます)。以前私は、この引き潮の流れがどのくらい強いものかを調べるために、外洋に船を止め、安全対策をした上でビーチから外洋に向かって泳いだことがあります。足ひれをつけていても必死になって泳がなければあっという間に外洋(深さ10m〜数十m)に流されてしまうほどで、ある場所にくると、いくら泳いでも先に進めない程の引き波の場所もありました。普通の成人男性では、泳ぐのは必死だと思います。私は日常的にガイドとして海で泳いでいますが、このような強い流れはもう経験したいとは思いません。万が一このような流れに乗ってしまいビーチに戻れないと判断した場合は(疲れないうちになるべく早く判断してください)海の上から、海上保安庁の118番に電話してください。私はいつも防水携帯を身につけて泳いでいます(防水の携帯でない場合は、防水ケースに入れておくといいですよ)。

ライフジャケットは必ず着用してください

泳ぐ時は必ずライフジャケットを来てください。着ていると泳ぎにくいとか、見た目が悪いとか、あるかもしれません。でも着てれば命は助かりますよ。

安全に楽しく、そしていろんな生き物と出会うには

石垣島エコツアー.webでは、米原ビーチでのシュノーケル講習やシュノーケル案内を開催しています。お気軽にお問い合わせください。