「マンタが訪れる、命豊かな海」を満喫!マンタツアー

穏やかな海と、気持ちの良い空に迎えられたこの日のマンタツアー。

「生きものが好きなんです」「シュノーケル初めて」、楽しみな表情を浮かべる初参加の方々から、「10年くらい前にも一度お世話になりました。子どもが大きくなって10歳になったから一緒に来たんです」というリピーターの方まで。皆さんのワクワクする気持ちを乗せてツアーが始まりました。

「これから行くのはマンタの海。マンタだけでなく沢山の生きものもいますよ〜!」

ニコニコ話すガイドの言葉に目を輝かせる皆さん。

まずは浅瀬でシュノーケル練習です。子どもたちも泳ぎが上手でした!
そしていよいよ乗船。船の上からはアジサシ(渡り鳥)が魚を捕まえに海へ飛び込む様子が見られます。ウミガメの産卵場所をガイドが指差して「満月の日だから、今夜あの浜にもウミガメが卵を生みに来るかもしれない」と言うと、その姿を想像したのか笑顔が広がる子もいました。

マンタポイントに到着し、海に入ると…

まず、海の青の深さに心奪われる皆さん。
美しいものを美しいと思えるその心が美しいですね。

そして、ガイドあきらの指差す方向を見てみるとマンタがゆったりと泳いできました。

「見えた見えた!」
「(ツアーに参加していない)お母さんに見せたいからお父さん写真撮って」
「大きい・・・」

やっぱりマンタの魅力はすごい!

再びマンタがやって来るまでサンゴ礁の上に浮びひととき。カラフルな魚たちに囲まれてみんな嬉しそう^^
「魚の方からぼくにぶつかってきたよー!」
「手を伸ばしたら届きそうなくらいだ」

海に浮かびながらガイドあきらの魚&サンゴの解説を聞きます。
水族館や図鑑ではなく、実際にその生きものと同じ海に身を置きながら聞く話は心にぐっと入ることでしょう。

少し経つと、マンタがもう一枚!

最後にはウミガメも見ることが出来ました。

ちょうどウミガメが私たちの近くに息継ぎをしに来てくれたのです。
「かわいい〜!」
「泳ぎ方が空を飛んでいるみたいだった!」

ツアーの終わり、シュノーケル練習をした浅瀬へ帰ってくると、さっき泳いだ海がほとんどない?!
実はこの日は大潮で潮の満ち引きがとても大きい日だったのです。これも月の影響といわれています。私たちは自然界の大きなつながりの中で生きているのですね。

海から出た後はガイドあきらからサンゴの話。皆さん真剣な眼差しで聞いてくださいました。

「いろんな生きものが見られて楽しかった」
「勉強になりました」

満足そうに帰路につく皆さん。マンタだけを追いかけて見るのではないりんぱなのマンタツアー
サンゴがいるから魚が集まって。海の上ではアジサシが飛び交い、陸に上がれば緑が生い茂る。その全てがあって、美しい海となるのですね。
私たちのツアーは「マンタが訪れる美しい海」全てをお見せするツアーです。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください