大暴れするお客様、襲来

朝7時、お店に行くとすでにお客様が。

バタバタバタバタ!ドンっ。

ガラス汚れるからやめて…

シロハラ

シロハラ

夜、裏口を開けっ放しだったので歩いて入ってきたんでしょう。
この鳥はシロハラといいます。

シロハラ(学名: Turdus pallidus)

東アジアに広く分布する鳥で、中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖します。日本にはや越冬のために渡ってきて、春になるとまた北の方に戻るのです。この鳥を見ていると季節の移ろいを感じます。

日の出前後になると沢山の鳥たちが活動をはじめます。以前お店のまわりの野鳥を調べてみたのですが周囲2キロ圏内でうちのお店のまわりが一番鳥が多いことがわかりました。種数も数も群を抜いて多いのはなんでだろ。石垣島は、冬場は野鳥観察にもイイ時期です。

カンムリワシ特別天然記念物(学名: Spilornis cheela)

カンムリワシ

カンムリワシ

ズグロミゾゴイ(学名:Gorsachius melanolophus)

ズグロミゾゴイ

上の動画は、写真のズグロミゾゴイの幼鳥がカエルをつかまえるけど、逃がしちゃう瞬間です。

この鳥、肉食なんです。
一昨年の冬にヘビを食べてたこともあるんですよ(笑)見た目はキョロちゃんっぽくてそんなイメージないですよね(笑)

ズグロミゾゴイがヘビを食べる

人もそうですが、生き物はもっと見た目じゃ判断できません。私たちは生き物をかわいくキャラクターにしたりしてますが、生態に即したものを見たことがありません。時々「マンタは人と遊んでくれますか?」と聞かれることもありますが、それは、ないです^^; 。イルカのイメージ(イルカは友好的で人を見ると一緒に遊ぼうと来る、というイメージ)なのかなって思ったんですが、実際にはイルカも自分達の生活があるので、気が向いたら私たち人間「で」遊ぶ、という感じなんじゃないかなーって、一緒に泳いでいて思いました。メディアには「ほんとう」の情報を流して欲しいな〜って思います(うちにもよくテレビ関係の電話かかってきますけど、ん〜って感じですよ(笑)。

イソヒヨドリのメス(学名:Monticola solitarius)

 

イソヒヨドリ

ちょっと歩くだけでいっぱい鳥がいるんですよ。
僕は歩くのがとってもゆっくりなんです。ツアー中もお客様に「ゆっくりですね」って言われるほど。ゆっくり歩けば、いろんな生き物や素敵な景色が見られるんですよ^^ この写真は全部iPhoneで撮ってるし、ほんとお散歩なかんじです。

皆さんも鳥や生き物を探しながら、の〜んびりお散歩しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください