NEW 冬の星空ナイトツアー OPEN!

止まられない、止まり木。

昨日、友達から「動けないコノハズクを保護したんだけど」と電話をもらいました。
友達は、バンナ公園を管理する仕事しているんだけど、
公園利用者が持ち込んで置いていったそうです。

 


僕はすぐに行けずに、今朝行こうと思ったいたんだけど、
今朝友達から電話で「しんでたわ〜」って。「まだ温かいけどな」。
昨日行ってあげてればよかった。可哀相なことしちゃったな。

ここ数日、コノハズク達は毎晩のように楽しそうに会話しています。
僕はナイトツアーをやったり、夜行性生物の写真を趣味で撮ったり、
フクロウと触れあう機会がとても多くて、
そうしているうちに彼らの会話に惹かれるようになりました。

フクロウの声にも、いろんなパターンがあります。
僕は、いくつかの声を聞き分けて、
季節によってはすぐ目の前まで呼ぶこともできます。

彼らの生活も僕等とほとんど同じ。
寝て、起きて、ごはんを食べ、相手を探し、子を産み…。
僕が見て来たフクロウの声や姿を少し、紹介しましょう。

 

オス同士の会話、オスとメスの会話。
メス同士の会話は、それがそうなのか、よく解らない。
時に警戒の声をあげて、その場からさっといなくなる。
でも、若いオスは威勢がよくて向かってくることも。
求婚して、カップルになって、二人で飛んでいく姿を見るのは、嬉しい。
オスがメスに餌を捕ってきて口移しであげる姿を見て、僕が照れたり(笑)

子育てに疲れたメスに「がんばれよー」って言ったり。
子供たちが親にご飯をねだる甘えた声。
初めて子供達が巣から出て、フラフラと木から落ちそうになりハラハラ。
甘え声で親に近寄る子供たち。

突然と巣立ちを迎え、子供たちだけでグループを作りしばらく過ごして、
大人が近くを通りかかると、一斉に甘え声を上げて。

子供のグループから一匹ずつ子供が離れていき、
最後に残った2匹の子供の一匹がトンボを捕まえて、
それを羨ましそうに「ちょうだいちょうだい!」ってねだる声。

いつのまにか子供達がみんないなくなり、
台風後、しばらく姿が見えない。
10月、いい天気が続くようになると、毎晩のようにフクロウの声。

 

今は彼らにとって、すごくいい季節。
オス、メスが一晩中会話しています。
人間にとっても気持ちのいい季節。
生き物にとっては、至福の一時でしょう。

だから、お願い。

車を飛ばさないで。

生き物たちとの接触事故を、なくそう。

今の季節だけでなく、4~6月は求愛の季節でもあり、
浮かれたフクロウが飛び出してくることも。

あと、フクロウには明かりを向けないでください。
フクロウの子など、目がおかしくなってしまうこともあるでしょう。

優しさをもって、生き物に接してもらえると嬉しいです。

あきら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください