りんぱなの、ミニお天気観測所

りんぱなの小型気象観測機

石垣島の12月は、例年なら曇り雨ばかりの毎日なのに、今年は嬉しいことに1週間ほど晴れ間が続いています。日によっては快晴の日もあって、毎日気持ちが明るくなります。

りんぱなには小型の気象観測器が取り付けられています。去年の夏に設置したものの、ソフトが対応してなかったり、ネットワークの構築に時間がかかって、やっとこの秋から運用をはじめました。

小型気象観測器

普通の人にとって「天気」とは、晴れか雨か、今日は何度まで下がる(上がる)か、紫外線はどうか、等がメインな情報かと思いますが、僕にとって重要な情報は、風の向きと風の強さ(風向・風力)。そして湿度。

風向・風力は海のコンデイションを知るための大切な情報なんです。うちの下の海なら、風を読むと透明度(栄養状態)や流れが予測できます。今サンゴを増やすための調査をしていますが、生育状況とお天気のデータも突き合わせると面白いと思うんです。

それに、日々のガイドツアーで海に出る時も安全にツアーを行うため、とても大切な情報なんです。

サンゴ礁を泳ぐ魚たち

一番上の画像、右の中段が今日の外の湿度。何と99%もあるんですよ!あと1%+したら雲の中。

裏山を見ると白くガスって見えます。どうやら霧に包まれているようで、うちのお店も遠くから見ると霧の中なんでしょうね。

霧に包まれた山

石垣島は南の島ですから、通年して湿度がとても高いのです。

石垣島の12月の湿度

これは、うちの観測機が集めた今月のお店の周りの湿度。70%を切った日は12月15日だけなんです。

70%を切ったと言っても「69%」。それだけでも充分嬉しくて、クライミングロープを張り巡らせて布団を全部干したりして。湿度は主に洗濯指数として見ています(笑

クライミングロープで布団を干す

石垣島エコツアー.webでは、トップページや、予約された方にお送りする専用のHPで、石垣島の今日のお天気や服装をお伝えしています。少なくとも週2回は更新するようにしているので、旅にお役立てくださいね。

ちなみに、石垣島の最近の気温はこんな感じ。

石垣島の12月の気温

7日はぐっ、と気温が下がったと言っても16℃。Dew pointが落ち込んでますね。飲んで外に出ると「さむー」って感じる程度。風の強い日には肌寒く感じることもあるので、そんな時は本州を出る時にきてきた上着を羽織ると良いでしょう。

週も半ば。もうすぐ冬休みで石垣旅行を計画されている方もいらっしゃるのでは。楽しい旅になりますように!そしてお天気に恵まれますよう。いい休日をお過ごしください〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください