マンタ5枚!いよいよマンタシーズン突入。シュノーケルツアー

今日はマンタシュノーケルツアーをご案内。5枚のマンタがずっとぼくらの目の前をグルグル間わっていて、1枚は、手を届けば届きそうなほど近くを、僕らの真下を通過。うねりのある中のシュノーケルはちょっと疲れましたが、マンタとの出会いを堪能できました。

石垣島も秋空になってきました。晴れたり曇ったり、雨がふったり。

今日はマンタを見に行くシュノーケルツアーの日。いつもはガイドのちえみが担当するツアーですが、今日は久しぶりに私がご案内です。

その所為かな..。雨男ってわけじゃないけど、シュノーケルの練習をしていると大粒の雨が!でもすぐ止むのは解っていたし、シュノーケルしてると既に濡れていますし、雨は全然気にならないのです。

マンタスポットへは船で5分!

途中、新しいマンタスポットでマンタが回っているとの情報があった立寄るも、残念おらず。船長も「辞めよう。(この雰囲気は)怪しい」と一言。いつもの根に向います。

一緒に乗っていたダイバーさんたちは「朝もマンタを見てきたけど凄かった!シュノーケルでも見えるほどいたよ!」と興奮気味に教えて下さいました。

船から下りると結構うねってます。泳ぐのもちょっと大変でしたが、目の前に2枚のマンタが!

そのマンタが段々近付いてきて…

真下を通過!!
マンタが迫ってくる様子は、毎日見ていてもワクワクしちゃいます。

怖がる様子も、驚く様子もなく、ただ穏やかに泳いで行くマンタ。

ゆったりと泳ぐマンタ。良いなぁ。あんなふうに泳ぎたい。

少し遠くに行っては、また戻ってきて。このマンタもこの場所に通う常連の女の子(メス)です。

ダイバーさんも、最後はぐっとマンタの根に近付きます。マスク(ゴーグル)をつけていると視野が狭いので、ダイビングだと広範囲が見えにくい(それで「シュノーケルでも見えるくらい居るよ!」と教えて下さった)のですが、シュノーケルで上から見るとダイバーも、マンタもぜーーんが見渡せます。

何と最後は5枚のマンタが!!!!!

写真左に、白がちょんと入ってるマンタがいますが、これはもう何年もこのスポットに通う「ダブリュー」という名前の女の子。彼女はいつもこの秋口にここにやってきて、「Wが来る時はマンタの数も多いんだよな」と船長。

船長も私もゴキゲン。マンタが大好きな私たちは、どんなに海が荒れていようとずっと海に入っていられますが、お客様は…波酔い、大変でしたね。早めに船に戻れて良かったです。

レンタカーのお客様とお別れ後、常連のお客様と一緒に高台へ。

左の岩山、うちのお店のロゴなんです(このページの左上にあるロゴ)なんてお話しをしながら、マンタスポットを見渡します。さらに風が強まっていて、スポットには一隻も船がいませんでした。

ギリギリでしたね。あと2時間おそければマンタシュノーケルは中止にしたところでした。

写真では見えないけど、鳩間島と西表島が見えました。

常連さんは、昨日まで「波照間島と与那国島に行ったよ」とお話しされていましたが、与那国からは台湾も見えたそうですよ!台湾、見てみたく有りませんか?与那国島は「ウマもいっぱいいいた。ウマの印象。波照間はヤギ」と島々の動物たちも面白そう。

秋は離島めぐりの旅も面白いかもですね。

荒れた海の中のマンタツアーでしたが、皆さま、今日はお疲れ様でございました。その甲斐あって、迫力満点のマンタたちでしたね。

明日も八重山の旅をお楽しみください^^

でわでわ、ナイトツアーにいってきまーす!

2 Comments

栗田強太郎

悠々と泳ぐマンタ、何回見てもいいシーンです!
前回・4年前は、台風接近で諦めざるを得ず、今回は念願叶って満足です♪
出発時、シュノーケルの扱いをあきらさんが丁寧に判りやすくご説明いただいたお陰で安心して向かうことができました。
次回は、波がもう少し穏やかな時に、また見てみたいです(笑)

それにしても、あれからもう1週間が過ぎ去ろうと・・・早いですね。今でも石垣の天気予報を見てしまいます。日常生活への完全復帰、まだ時間がかかりそうです!

返信する
あきら

ニーミシの前日とあって荒れた海の中、いっぱい泳ぎましたね。次回は穏やかな時にぜひぜひ。あのスポットで、マンタ以外の生きものや景色もお見せしたいです。
久しぶりのマンタガイドでしたが、しっかりご説明できてよかったです(笑

もう1週間!早いですね。こちらは変らずセミが大合唱。あれ以来毎日強い北風で海も荒れていますが、サンゴたちも元気です。次回はサンゴ礁にもご案内したいですー!またちょこちょこ石垣の写真をアップするのでお楽しみに^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください