植樹した畑にスプリンクラーを立てました。

先日、植樹をした畑では苗木たちが風に揺られています。晴れるとすぐに土が乾いてしまうので、スタッフは空き時間に水やりに追われています。

ということで、あきらが移動できるスプリンクラーを自作。二機で畑の全面積をカバー。これで仕事がひとつ減りますね。

減った分、早速つよしに仕事をふるあきら「ここ、平らに均してちょーだい」。

仕事が丁寧なつよし、土をきれ〜いに均します。お陰で、木が大きくなったら機械で除草できるようになります。つよしえらい!

そこに、なお と ももちゃんが牧草を敷詰めてくれました。二人ともありがとう!

これで大雨が降っても表土が流れ出にくくなります。勾配のある方には沈砂地も二重に掘ったし、重機で積んだ草のフィルターもありますから、来る台風シーズンに向けての準備もバッチリ。

追記:

スプリンクラーを設置してからしばらくは、バルブをひねっても…あれ、出ない 笑 なんて悶絶していましたが、水道設備を作り直したり、途中にフィルターをかましたり(山から水を引いてるので)と色々手を加えて、ようやく普通に出るように。

↑は植樹1ヶ月後。途中、台風に吹かれて倒れてしまった木もありましたがみんなドンドン大きくなってます。

そして、

みーんなでがんばって草刈り。土が軟らかくて機械が入らないので今回は手刈りでと、日々木々に向合うのは楽しいですね。汗だくになって大切に育てています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください