石垣島トレッキングツアー オープン! (1/24)

ガイドあきらの海岸清掃日誌 01

今日は1日お店で事務仕事の日。昨日のブログで「晴れ間が見えない」って書いたのに、今日は雲の間から薄日が差しています。雨が止んだだけでも嬉しいのに、この薄日を見たら外に行きたくてたまらなくなってしまいまいした。

そこで、お昼休憩の時間に、へ!

上の写真は、去年の7月末(今日のじゃありません)。ご家族でSUPツアーに参加してくださった皆さんがゴミ拾いを手伝って下さって、本当に嬉しかった!写真の右側にはその時のゴミが写っていますね。

この写真は先月末(1月27日)のもの。
昨年の秋の台風で、大量の流木(どこか南の島で災害があったのだろうか)と、大量の漂着ごみが流れ着き、このビーチの様相が一変してしまったのです。

年末から年明けにかけて仕事に追われていたので中々海に行けず、先月末から空き時間をぬって、やっと片付けを始めて。この時は人工物だけ拾っておいて、流木は人手のあるときに片付けようと思っていたんです。

そしたら今日、増えていました
ここ数日の(本州を襲った寒気の一門)高気圧でずっと北風が吹き続けていて、思った通り。不安が的中しました。

この時期は、黒潮に乗ってやってくるゴミが北風に吹かれ、海から浜に向かって直角にたどり着くんです。ザトウクジラかなんかが来てくれるなら嬉しいんですが(浜にじゃないですよ汗)、んー又仕事が増えてしまいました。

参考

世界の海に漂う110億個のプラスチックごみがサンゴを死に追いやっているgigazine

↑ つい先日、漂着ごみがサンゴ礁に直に影響を与えているという発表があったばかりなので、こうして浜にたどり着き、誰かに拾われる分にはまだいいですよね。でも、ちょっと心配なのが春先のSUPツアーが忙しくなる時期までに間に合うのかなぁと。

春休みのご予約も(SUPやカヌーのツアー)いただいているから、ゴミ清掃の時間を増やさなくては!

私がゴミを拾のには、いろーんな理由があります。
旅で立ち寄る場所のあちこちが「どこもきれいな場所だったな」という思い出を残して欲しい、というのが1つ。
でも、もっともっと、心に秘めた理由があります。

都会には自然がなくなって、人工的に作られた公園や街路樹の並ぶ道しか目につかなくなりました。
私は、その都会に沈む夕陽も、この海に沈む夕陽も、どちらも大好きです。でも観光客の方にその話をしても、中々理解が得られません。

「もしかして、きれいなものを見ても、キレイ、って感じられなくなってるのかな….。」

食事しながら、電車の中で、歩きながら…、最近の皆さんはいつもスマホを見ていますよね。インスタの写真もきれいだろうけど、目の前に沈む夕陽の美しさを見逃してやいませんか。それに、加工された色ばかりを見て、本物の色を感じられなくなっているのではありませんか?

私のいちばん好きな夕日
「沖縄に来ると夕陽がきれい」って、よく言われます。もちろん島で見る夕陽もキレイだけど、私は自分が生まれ育った東京町田の夕陽がいちばん好きです。特に桜の季節のマジックアワー。柔らかな紫がピンクと混ざり合い、滲み、溶け合って灰色、紺色へと姿を変える淡い時間。
工事現場の彼方、丹沢山塊にゆっくりと吸い込まれて行く真っ赤な陽。フェンスの上に座っていた私に手を振る、シルエット(いつのまにか同じように、遠くのフェンスに誰かが座っていて、日没を見終えた私たちはたまたま目があったのか -そもそも目があうような距離ではく、人であること以外何もわからないような距離なのだけれど- どちらからともなく手を振って別れて)の後ろの空…。あの柔らかな滲み絵のような色合いは、島の色濃い夕日には決して真似できない、品性さえ感じさせます。

だからこそ、島のビーチはきれいじゃなきゃいけない。

「沖縄に来てもゴミだらけだね」って言われるのが嫌なんじゃないんです。
遊びにくるお子さんに「これが(普通の、標準の状態の)海なんだ」って思われるのが嫌なんです。

そんな風に思われたら、そのお子さんの心には、不自然な「きれい」という感性が芽生えてしまうかもしれません。(大人たちはビーチを見ないようにして、海だけを見て「きれい」と言うかもしれませんが、特に(感性がこれから発達するような)小さなお子さんは全てを見ているので、おとながそれをキレイと言ってしまったら、これがきれいなんだと心に入ってしまうかもしれない。

(ちょっと重たい画像)

だから、やらなきゃいけない
ヒトがきれいなものを見て、きれいと感じ得なくなったら、自然は大きく様変わりしてしまうはずです。
私はそれが怖いし、そうなったら寂しいのです。

だから、1人でもやるんです!

応援してくださる方、ご一緒してくださる方がいたらぜひお声がけ下さい!

1人でもやるけど、1人じゃ寂しいので…笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です