ニライカナイを見た!SUP体験ツアー

台風が近い石垣島では、壮大な景色が目まぐるしく変わり、幻想的な光景がみられました。そこでは何と、赤い水平線が… !(続きを読む)

今日はSUPの1時間体験ツアーで、地元(石垣島と、沖縄本島)のお客さまをご案内。里帰りのついでに、今流行っているSUPがやりたくての参加です。

まずは事務所で受付。

事務所では、この秋からハイビスカスウォーターのサービスをはじめました。庭のハイビスカスと、近所のオバーが作る無農薬レモン、そして島の黒砂糖を使った、スッキリとした飲み口のドリンク。冷たく冷やしているのでツアーの前後にお召し上がりください。

さてさて、今日の皆様、
車に乗り込むと「SUPってはじめてなんです。緊張してきたー!」口角がきゅっと引き締まって、皆で「いよいよ行くぞ!」という雰囲気に。「そんなに緊張しないで大丈夫ですよ 笑」と、笑い合いながらフィールドへ。

行き先は、昨日と同じ「湾北(わんきた)」という場所へ。
インスタを見てくれたお客さまからも「あの写真、どこですか?」と、よく質問をいただく場所です。

akiraさん(@rinpana)がシェアした投稿

ボードのセッティングをして漕ぎだすと、雲に虹が!!

小さなカメラだから写ってないけど、「あそこら辺が虹」笑

すごい青」「やばっ」っと、沖縄生まれの皆さんも喜ぶ、エメラルドグリーンの海がこの湾北の魅力。

台風が近いので大きな雲に覆われている空ですが、時折陽の光が差し込むと一気に海の色が引き立ちます。

ボードに慣れたら、いよいよSUPの醍醐味の立ち漕ぎへ!

時折入るうねりに「こわい!笑」とか、その様子を見て「やめて笑いすぎで立てない!」と、みんなめっちゃ楽しそう(๑˃̵ᴗ˂̵)و

あそこ、海面に虹!」

真っ黒な雲の下、水平線の彼方の海面が赤紫に光っていました。とっさに「虹」って言ってしまったけど、7色に光っていたわけじゃないんです。赤紫色にぼんやりと、そして、よくよく見るとその赤紫の色が広がったり狭まったり、わずかに動いているんです。

ニライカナイみたい….」と、つぶやくお客さま。

ニライカナイとは、遠い遠い海の彼方、海の向こうにある神様の世界のこと。また、生まれし者の魂もニライカナイからやってきて、死すとその魂がかえる(生まれ変わる)場所でもあります。きっと、こどものころに家族から「海の向こうにはニライカナイという場所があって」って話を聞いて育ったのかな、、、なんて勝手に想像していました。僕が沖縄の人を好きだなぁと思うのは、こういう言葉がサラッと出てくるあたり。すごく素敵。海の上でちょっと心打たれてました。

写真を見直すと、わずかにその色が写ってました。見えるかなぁ。
左上、水平線がほんのすこし、ぼわっ、ってみえる場所。

体験ツアーなので短い時間だけど、SUPクルージングを楽しみました。

そして、帰り道にとっても楽しそうな小波が!僕が遊んでいると「やりたい!」とお客様。
最初はボードをおさえておいて、波が来たら「漕いでこいで!」と声を掛けて波に乗せてあげます。
すると、波の向こうからめっちゃ楽しそうな声が聞こえて…。この瞬間が大好き^^。

今日も時間オーバーしながら波と戯れてきました。

秋もSUPのいい季節。興味がある方、ぜひぜひ遊びにきてくださいね。素敵な場所にご案内します!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です