石垣島トレッキングツアー オープン! (1/24)

ある日の一枚

夕暮れSUPを楽しむ女性。

この下の写真から、ふと この星のことや海のことを想いました。

まずは、あなたはこの写真を見て、どんなことを思いますか?
(この写真を大画面で見たい方は、こちら(高解像度版)

海を想ったり、
島を想ったり、
SUPにのっている気分になったり…

想像を巡らせながら、海のことを、少し感じて下さい。

この写真をとった日

このSUPをしている海の写真は、
2015年の秋に撮ったもの。
女性ひとりたびのお客さまでした。

海はどこまでも穏やかで、
空も夕陽も、どこまでも美しくて。
そして、水はどこまでも澄んでいました。

右手には太陽が、左手にはまん丸の満月が、
どちらも同じ高さで輝いています。

日没の少し前の時間で、
背中からはフクロウの声が聞こえ、
浜からは、打ち寄せる波音が聞こえます。

静水面をSUPで漕ぐ

ひごろ当たり前に見ている太陽と月。
「宇宙が広がっている」と言葉では聞いたコトはあっても、
普段は意識することはありません。

でも、この日、海に浮かんでこの二つの星を見たとき、
自分がいるこの海も、ひとつの星なんだと、
当たり前のことに、ふと気づきました。

写真を見ると、その想いがさらに強まります。
水をたたえた星と、その向こうに燃える星、広大な土が広がる星。
私たちが浮かんでいるのは、
宇宙に浮かぶ、水の惑星の、その上。

そしてこの水は、地球の全てとつながっています。
島の川に流れる水はもちろん、屋久島に振る雨だったり、
あなたが今日飲んだ水もそうだし、私が今飲んでいる珈琲も。
剱岳にある氷河や、北極の氷の基となる大昔の水も、
そのまた昔は、この海にあったかもしれない。

夕陽の中をSUPで漕ぐ

私の体のほとんども、この水を通してできあがったものです。

星空ツアーの時、よく言うことばがあります。
「この星に産まれて、よかったな」

こんなにも美しい光景に出会えるこの星が、だいすきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です