海と森でたくさん遊んだエコツアー

マンタの海で泳いだあとは、干潟で生きもの観察。その後は天然のクーラーのような涼しい森の中へと出かける、笑顔いっぱいの1日に4人家族の皆さんをご案内!

さんさんと太陽の光が降り注ぐ蒸し暑い日。海に出ると北風が心地よく吹いています。
ビーチでシュノーケルの練習をしたら、船でマンタスポットへ。

船から下りるとすぐに沢山の魚たちに囲まれました。
6歳のおとこのこはお魚に夢中。おねえちゃんはダイバーの泡で楽しそうに遊びます。大人はマンタが見たいけど、お子さんは小さな生きものたちでも充分に楽しそう。

船に引き返す途中、お母さんはウミガメを見に!

rinpana 01
 

このアオウミガメは三吉くん。亀の子だわしが大好きで、船長が水中でたわしを見せると寄ってくるのです。

船にあがったこどもたち、見た魚の話をしたり「あったかくて気持ちいい〜」と言いながら、太陽を浴びてうたた寝…zz。

rinpana 03
お昼ご飯のあとはかき氷も!

お昼は八重山そばとかき氷。お昼を食べる前から「海に行きたい!」コールが連発!そこで、そばがくる前に葉っぱを使ったミニゲームで遊びます。みんなの楽しそうな笑い声に包まれた時間が産まれました。

クモヒトデを見つけたこどもの写真
家族みんなで海あそびを体験

海に着くときれいな貝殻をあつめるこどもたち。大潮で干上がった場所には沢山の生きものたちの姿があり、見つけるたびに「これなぁに」と嬉しそうガイドに尋ねています。小さな命を、優しく手の平の上に乗せていました。

海の水あったかいね」「カニさん(海の水)熱くて平気なのかな」40℃ほどある干潟の水温に、こどもたちもとっても暑そう…。太陽の光は、たくさんの命を育てる力強さをもってるから、まぶしいね。

海辺と女の子

海から上がったら、太陽の光を沢山浴びた体を冷やしに森の中へ。ここは木々に囲まれた秘密の場所。
川の上にぶら下がるブランコに乗ると「楽しいー!!」とお姉ちゃんの笑い声が響きました。

rinpana 10
rinpana 09

あっち行こう」と、男の子は滝壺に向かって探検に。自分より大きな岩に登ったり、魚をさがしたり…活き活きと前へ進みます。そのまっすぐな瞳に、たくさんの素敵なものが映ったことでしょう。

楽しい時間はあっという間。車のなかでうたた寝をする男の子と、笑顔で手をふる女の子。
こんなに遊んでくれる人が、近くにいなくて…」と、最後にポツリと言っていたお父さん。わたしたち(ガイド)をそんな身近な存在に見てもらえたことが、とても幸せでした。

日中太陽の光を沢山あびて、ほてった身体には心地よい川の風。ゆったりとした時間の流れに身を任せる「りんぱな」のエコツアーに、あなたも遊びにきてはみませんか?

スタッフより

rinpana 05

投稿・あきら、なお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください