ホタルの標本を作ってみる

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > ホタルツアー > ホタルの標本を作ってみる

石垣島では、毎晩 森の中でホタルたちが光り輝いていて、私も毎晩その光景を見に出かけています。エコツアーのひとつとしてホタルのスポットをご紹介しつつ、ツアーの間にホタルの調査もしているのです。

そのツアーの最中、参加された皆さんに見ていただくための標本を作ろうと、ずーっと前から思っていたんですが、なかなか作れなくて。

生きているホタルを捕まえて標本にするのは、私にはかわいそうでできなくて…。なので、死んでしまった個体が手には入ったら作ろうと思ってたんです。メスは、2013年に採卵のためにうちに連れてきた個で(メスは産卵後に死んでしまいます)、その後 液浸標本にしていたのがいるんですが、オスがなかなか手に入らない。いつか状態のいいオスが手に入ったら…。なんて考えていたらもう3年も経っちゃいました(笑)

先日、クモの巣に引っかかったオスで、とても状態の良い個がいたので彼に来てもらうことに。

液浸標本だととてもキレイに保存できるんですが、液がゆれると体のパーツが損傷してしまいます。ツアー中に持ち歩くのにはとても不便。それに、いつの間にか液が蒸発してカラカラになってる…なんてこともありえたり。と、いうことで今回は樹脂標本です。前回(3年前)は残念ながら型がわるくて失敗。曇ってしまいました。今回は良〜い型がみつかったので!無事に出来上がるといいのですが…。

これも1回ではできず、何回か樹脂液を重ね塗りして作ります。仕事から戻るころには硬化してると思うので、うまく固まってることを祈るばかりです〜。

ヤエヤマヒメボタルのオス、メスの標本

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら

この夏のイチオシ

星空ツアーのバナー

星座ブック作りのバナー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ