SUPで投げ網。ミジュン大量な休日

ビーチでのんびり

こんにちは。ガイドのあきらです。
今日はマンタのツアーでしたが、参加者のお子さんが小学生で、
今時期水温が低〜〜い上に波もちょっとあったので
「無理しない方がいいです」とお伝えし、中止となりました。
自然の中で遊ぶ時って「楽しい!」って思ってもらうのが凄く大事なんです。
最初の1回が「怖い」とか「辛い」とかだと、海が嫌いになっちゃいます。
波には逆らえないし、水温の低い海に長時間もきつい。
きっと楽しみにされていたことだろうと思うんですが…。

そんなわけで、日中は事務仕事をし、お昼を食べに外に出ると、
何だかむしょーーーーに魚が食べたい。なんでだろう。魚が食べたい!

でも釣りって感じじゃないんだよなぁ。
!(投げ網だ!)

と、いうことで投げ網に行ってきました。
最近はSUP(立ってやるサーフィン)があるので、投げ網を積みこんで遠くの海へ!

出発!

カンがバッチリ当たって超巨大なミジュン(イワシの仲間)の群れに遭遇。
その数、数万匹!バケツ何十杯分だろう…。

ゆっくりと近づき、投げ網で「えい!」っとやると、ほらこの通り。

海の中で見るとこんな感じ

水中で見るとこんな感じ。網の端にかかりってます。
どれも丸丸太っていて、うんまそー。
網が破れているから(修理しなきゃな)半分以上逃げられたので…もう一回。

とれたー!

今度はいっぱい獲れたから、もう、これで充分!

バケツに入れてかえりま〜す

帰りしな水中を携帯で撮るとこんな感じ。

おにぎりおいしー

ミジュンを獲るプロの人達は偏光レンズの着いたサングラスをかけていて、
海の中にいる魚がきれ〜に見えるんですが、、。
私はそういうのいらない。まず、沢山獲ろうという気持ちがないし、フェアじゃない気がして。
投げ網って時点でフェアじゃないですけどね(笑)

投げ網をする時には魚の群れを探さないとなりません。
見つけられない時は、一匹も獲れません。そういう日もあるし、それでいいと思います。
獲れる日はいっぱい獲るかというと、その日、自分で食べる分だけ獲ります。
50匹も獲れば充分ですよね。揚げ物と南蛮漬けの分。
誰かにあげるために沢山獲る、っていうのもしないかな。

卵が!

帰って捌いてみると、あれ。卵….。
そっか。この時期は卵抱えてるんだ。
どーりで投げ網を教えてくれたじーちゃんはこの時期には連れてってくれなかったんだ。

今日獲ったのは75匹、そのうち卵があったのは25匹。1/3がメスでした。
せっかくなので、卵もちゃんと頂きたいと思って。悩んだ末に楽チンパスタ。

パスタ

焦がし醤油とマヨネーズで食べるミジュンの卵パスタ。
んー。めっちゃうまかった!

来年からはこの時期は獲らないようにしよう。
….。と思っていたけど、あまりに卵が美味しく心揺れちゃいそうなあじです。
やんないですけどね(笑)

さばくとこんな感じ

さばいて、揚げて、ビールと一緒に。さいこーー!

揚げ立て!

年に数回の贅沢。
ありがとー。海。ありがとー、ミジュン。
海にちゃんとお返しできるように、いい仕事していきたいと思います。

ん〜。今日 中止になったお子さん、こっちに案内すればよかったのでは。
なんて思いながら、一人で投げ網を楽しんでいました。

あきら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください