ちょっとだけ、木もれ陽カフェ、オープン。

午前中のちょっとした空き時間、森にコーヒーを飲みに来ました。
私のお気に入りの場所を紹介します。

そこらじゅうに木もれ日が降り注ぐ、とても素敵な時間。

この場所には、よく1人できます。
考え事をしたいとき。森のことを知りたいとき。何かに疲れた時。コーヒーが飲みたいとき。

私が座る場所は、いつもおなじ。
なんとなく落ち着ける、川縁の小さな砂の斜面。

ここはいつも僕が使うテント場。木の裏には、1年前に使った木々が置いてある。いつも1年おきに変えるけど、まだまだ大丈夫そうだ。

雨の日はここでタープをはるので、イヌビワの木の裏にタープを支える木をおいています。
この木は丁度1年前(3月末)にここにおいたもの。1年もすると木がダメになるけど、
全然いたんでなかった。まだまだ使える!

ここに腰をおろして、バーナーを出して火を付け、
目の前の川の水を湧かして、コーヒーを淹れます。

もう15年近く愛用しているヤカン。湯沸かしは、OPTIMUS No.85  6年間故障ゼロの優秀なバーナー。

このヤカンとは、もう15年のつきあい。
バーナー(湯沸かし)も、ここ6年 故障していない優秀なもの。
あちこちの山で沢山のお湯や食料を湧かしてくれています。

友達が手作りしてくれたネルをくみ上げると、友達の顔が浮かぶ。

コーヒーのしたくは、まずネルを煮沸するところから。
このネルは友達の手作り。組み立てるたびに友の顔が浮かびます。

ずっと使い続けると、道具にも愛着が湧くんだ。

がんばってくれてる道具たち。使い続けると愛着がわいてきて、
ずっと使い続けたいなって、思うし、壊れても治そうって思う。

友達からもらったコーヒー豆。

キリマンジェロ。
別の友達がくれた豆。これも、森に行くときのためにだいじにとっておいた。
おいしいんだ。

森の香りのなかに、コーヒーの香りがたちこめる。

森の香りは、土の匂いや枯れ葉の匂い、苔の匂い。
いろんな匂いを水が膨らませている感じ。
そこに、コーヒーの香りが混ざっていく。

水は、どこまでもずっと、透き通っている!

水は、どこまでもずっと、透き通っている。
この水が、コーヒーにかわり、私に変わるんだ。

コーヒーに森が映り込んでいた。

コーヒーに映り込む森が好き。
いつも撮っちゃう。

苔むした石、岩がそこらじゅうに居る、素敵な場所。

苔をまとった石が、そこらじゅうにおちている。
何種類もの苔が、そこかしこにある。
素敵な場所。

木々の上の方を眺める。空は見えないけれど、太陽の温かさを感じる。

コーヒーを飲みながら森を見回す。
空は見えないけれど、太陽の温かさを感じる。

シダのやわらかなじかん。

シダの葉にも、

太陽に守られているんだね。

生まれたての双葉にも、

緑の時間

森たち全部に、太陽が力をくれている。
そう、うちらにも。

こんな時間のすごしかた、しませんか?
森ツアー、もうすぐ始まりますよ〜。

あきら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です