石垣島の森を歩くツアー

今日は、石垣島の森へ。
原生林に近い、深い森へ。

お客様は、ガイドあきらの母と、そのお友達家族。
本当は海で泳ぎたかったけれど、急に天候が悪くなって風も出てきて寒くなってきて…
それで、森に行くことにしました。

子供たちは、初めての森歩きにワクワク。
母も久しぶりの森に興奮、お友達は、ちょっとドキドキ。
そんなみんなを見ながら、曇り空の下、森を歩きます。

森を歩いていると、ふと足下に光りが落ちてきました。
その後、あちこちで木もれ陽が。
ゴキゲンな誰かさんが雲の隙間から太陽を覗かせているのかな、
なんて考えながら川を進みました。

キノボリトカゲだ!

キノボリトカゲをつかまえちゃおう。

虫眼鏡って面白い!

キノボリトカゲを、虫眼鏡でゆっくり観察。鼻は?耳は?
ほかにも面白いところを見つけよう!

キノボリトカゲにがぶり(笑)

沖縄本島のキノボリトカゲは牙があるらしいけど、石垣島のはないのだ。
だからがぶ〜ってやっても大丈夫。ほらね。

背丈ほどのリュウビンタイの間を歩く

背丈ほどの植物の間を縫うように歩いた。

水が入るのなんて気にしない!

長靴のなかに水がはいるのもおかまいなし。
だって、楽しいもん!

タラマケマイマイ。毛はないけど、ケマイマイの仲間。森のなかに住んでいるカタツムリです。

タラマケマイマイ。毛はないけど、ケマイマイの仲間。森のなかに住んでいるカタツムリです。

大きな苔むした岩があちこちに点在しいてる

大きな苔むした岩が点在している。鳥の声が聞こえる、とても静かな情景だ。

木もれ日が差し込んできた

木もれ日が差し込んで、みんなを照らしていた。

苔?シダ?

きみはだれ?苔なの?シダなの?
石の上には様々な生き物たちが住んでいる。

ロケットの羽のような、サキシマスオウノキ

まるでロケットの羽のような、巨大なサキシマスオウノキの根の前で。この森にはスオウノキが点在している。大昔、ここは海だったんだ。

渓流は、いつ行っても美しい。

渓流は、いつ行っても美しい。
晴れていても、例え雨でも。

川の歩き方がわかったとたん、二人の歩調がぐっとあがる。

川の歩き方をつかんだようで、二人の歩調がぐんぐんあがっていく。大人達は、うしろの方で、ゆっくり歩いている。

終着点には、私も足が届かないほどの滝壺がある。

いよいよ今日の終着点が見えてきた。
この先の滝壺は、足がとどかない程の深さがある。

滝壺についた

ゆたかに水をたたえる滝壺。
ボウズハゼやヨシノボリが沢山泳いでいる。

滝でお茶を。子供達は温かいココア。

大きな滝壺についたら、一休み。子供たちはココアを。大人たちは、川の水で湧かした紅茶や、コーヒーを。ゆっくり時間を楽しんだら、下山して昼食。そしたら海に行きます!

今日は久しぶりにオリンパスのE420に純正パンケーキレンズをつけてきました。
川や森を撮るなら、このカメラが一番いい色が出る気がします
道中の渓流の写真を沢山撮ったので、コチラからご覧下さい。

私は森が大好きです。
豊かに水をたたえ、森や海へと恵みをもたらす川の流れも、大好き。
好きな場所に腰を下ろし、川の水を湧かしてコーヒーや紅茶をいれます。
ただ、ただそれだけのことなのに、なぜこんなに満たされるんだろう。

そんな森に、お客さまを案内できるこの仕事も、大好きだなぁ。

今年から、森ツアー、復活です!

あきら

↑リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です