石垣島の危険箇所を網羅するハザードマップ、今ガシガシ動いてます。

今日は3週間ぶりのお休み。日中は知り合いのお店で写真を撮って、夕方は八重山ハザードマップのミーティングへ行ってきました。

八重山ハザードマップ

りんぱなの近くにある米原ビーチでは近年海難事故が毎年のように起きています。そのほとんどが台風接近時と、台風通過後の波やうねりが高いとき。危ないときには海に近づかないようにすればいのですが、「どのくらい危ないのか」は個人の主観によるものなので、海の怖さを知らない人は、どんなに荒れている海にでも平気で入ってしまうのです。だから、事故が起きます。

2

それを未然に防ぐため、ある消防士さんの呼びかけで数人の仲間達があつまりました。みんな、石垣島などの危険情報を発信する八重山ハザードマップ研究会に入って、情報の共有もしています。

八重山ハザードマップとは>>(リンク)

1

この春、海を監視するための定点観測カメラが米原ビーチに設置されることになり、それを八重山ハザードマップが担当することになりました。このメンバはー海のプロだけでなく、プログラミングなどITのプロもいる、すごいグループなんです。そんな情報もまたりんぱなブログを通してお伝えしますね。

3

この日はみんな夜遅くまで集中して話し合いが続けられました。みなさんも、石垣島に旅行に行く時には、ぜひこのハザードマップの通知メール機能やサイトをスマホに登録しておいてください。私たちも随時情報を更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください