「こんなの求めていた」新婚旅行

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > 「こんなの求めていた」新婚旅行

今日は新婚旅行で石垣島にお越しのお二人を、1日ツアーへご案内させて頂きました。

午前中は浅瀬でシュノーケリングの練習をしてから、マンタシュノーケルをしてきました。
砂地にたくさんある穴の住人を紹介すると、「ホントだー」と楽しそう。
ちょっと泳いでクマノミポイントを覗いたり、隠れている小魚を探したり、のーんびりと浅瀬でのシュノーケリングを楽しみながら、マンタポイントでのシュノーケリングに備えます。

マンタポイントへは船で5分!あっというまにポイントへ到着です。
水面はとても静か、だったのですが、、流れが強く、流れに乗りながら、あっという間にマンタポイントに到着しました。
到着してすぐに水底で待っていてくれたのは、人よりもひと回り以上大きなアカウミガメでした。
マンタポイントでは、たまに姿をみせてくれるマンタに続く人気者です。

たくさん泳いで、マンタを待ちましたが残念ながら、この日は現れず、、、。
野生の生き物ですので、仕方ないのですが、、見ていただきたかった!

マンタツアーから戻って、大盛りの石垣牛カレーを食べたら、次は島の森へ!

旅行者の方は、森や山というと西表島のイメージが強いかと思いますが、石垣も西表もすぐ隣り合わせで元々はくっついてた島ということもあって、石垣島にも美しい森があります。今日は気持ちの良い川へ、そしてその森の最深部へと出掛けました。

「鳥が苦手なんです!」と伺っていたのでこの森に来たんですが、何とアカショウビンが見えちゃいました(遠くの枝だったので私だけしか見えませんでしたが)。アカショウビンなんて、探してもなかなか見られない鳥なのに、こんな日に限って〜(笑

森の入り口で早速セマルハコガメ(天然記念物の陸ガメです)に出会いました。「こんな場所に?!」とお客さまも珍しそう。島にはいろーんないきものたちがいます。「川の音ですか?」と、カメの場所で川の音を感じ取るお客さま。川まで結構離れてるのに、よく気づきましたね。すごい!

川に下りると、肌に触れる風が急に冷たくなります。「涼しい〜!」と、お二人で嬉しそうに目を合わせるます。「夜はもっと寒くなるんですか?」と質問されるほど、森の中は海や街に比べてとっても涼しいんですよ。

そしてお二人とも生きものを探すのがとってもうまい!「ここにいた」「これなに?」と次々に生きものを見つけていきます。

何本もの大きな板根(ばんこん=板状の根っこ)の樹を見ながら森を歩き、沢山の動植物に触れあいます。またカメがいたり、天然記念物のチョウチョ(コノハチョウ)を見つけたり。

「こんなの求めてた。癒されるね」と、嬉しそうな奥さんの手をとりながらゆっくりと歩く旦那さん。素敵な優しいご夫婦。

「ずっと居たいね」と、川に足をつけながら心地よさそうなお二人に、この森の成り立ち(森の生い立ち)を語りがけしました。何千年、何万年も前の森の話と、、未来の話。ガイドあきらが色々な人(その道の達人たち)から教わったことや、自分で調べ歩いた森の話…。

森をのーんびり歩いて、川辺でゆったりして。気づくと1時間半も経っていました「のんびりしてると時間が経つのが早いですね。いつもせっかちだから」と笑いあうお二人。

森から出て道に戻ると、一気に暑さも戻ってきます。
「また来たいね」と言うお二人に、「空港行く前にもう一度どうですか?」と自分たちだけでも行ける秘密のスポットをご紹介。お二人で行ったのかな。

マンタは残念でしたが、森でたっぷり深呼吸をして癒される1日をお過ごしいただけたのでは。またいつの日か、遊びにいらしてくださいね。

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら
2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ