水が好き。

忙しいというのに、何故だろう。
此のゆっくりとした時間の流れは。

DSC_0077_1260

人がこの島にいなかった時代から
いや、もっと前から脈々と続く水のつながり。
それは、山と海とをつなぎ、
命と命をつなぎ、
人と自然を、つなぐ。

DSC_0052_1260

紅茶が冷めればまた火にかけ、
コップで二すくいの川の水を加え、
バーナーの轟音と川のせせらぎを聴き、
炙ったパンをかじる。
たたそれだけの事を、
こんなにも幸せに感じられるのは何故だろう。
自分が生きているという実感。
なにもない、火と紅茶とパンしかない
こんなにもシンプルな時間を、
どうして幸せに感じるのだろう。
事務書に帰れば物が溢れているのに
私の荷物といえばこれだけしかない。
シンプルに、シンプルに。
幸せとは、生きている事を実感した
質素(シンプル)な時間だという事を悟る。

DSC_0159_1260DSC_0136_1260

ってか早く帰って仕事しなきゃいけないんだけど
言い訳にも聞こえるよね(笑)

DSC_0171_1260

ちなみに、島へ、の雑誌の取材で山に入ってました。
サキシマスオウの木が結構ある場所で、わずか15mの支流に6本あったり、
別の場所には巨大な板根をもつ巨木があったりと、素敵な場所です。
取材の人を帰したあと、ひとり朝食。おいしかったぁ。

DSC_0017_1260

さ、明日から始まる生き物展の支度しなきゃ。プレゼン書類が出来ていない!

がんばるぞ!

2 Comments

あきら

明日はナイトツアーがメイン(参加無料。まだ空いてますよ縲怐jなので、明後日が展示会&フォーラムです。まってまーす!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください