絶滅危惧種がウジャウジャいるナイトツアー

今日はツアー開始時はあいにくの雨…。待てど待たれど中々止みません縲怐B
車の中で15分ほど待機していると、ゆっくりと雨脚が弱まります。
「すぐ、行きましょう!」と、お客様を連れ出して夜の闇の中へ。
やや雨は降っているけれど、傘をお持ちだし、濡れても…ok! とのことなので、夜の森へ!!

DSC_0081_1029

今日は養鶏場のヒヨコ部屋の中を歩いているような声が
そこらじゅうから聞こえてくるナイトツアーでした。

雨が少しづつ止んできたころに、ゆっくりと森の中に入ります。
まずは生き物たちの声を聞き、どんな生き物がいるのかなって、目じゃなく耳で感じ取ります。
ふ縲怩チと飛ぶホタルを見たり、つかまえて光を楽しんだり。

DSC_0107_1029

DSC_0105_1029

リュウキュウカジカガエルを捕まえてみたり。

そんなことをしながら、ゆっくりと沼地へ。
沼地に降りていくと、もーびっくりするくらい! オオハナサキガエルが鳴いています。
普段はたま縲懊?懊?懊?怩ノ「ピヨッ」とか「チュッ」とか言うんですが、今日は違う!
「ピヨピヨピヨピヨピヨ!!」すご縲懊?怩「数が鳴いています。やっぱり雨の所為でしょうか。

雨待ちの間に、スタッフだけで下見をしていたので、
いつもは行かない沼地の奥へ、今日はちょっと行って見ました。

すると、どーでしょう。

これです。抱接ペア ↓

このまま、どれくらい見ていれば産卵が見れたのでしょう。
オスがメスを抱きかかえて、産卵を促す=抱接って動きです。

ちなみにこのカエル、絶滅危惧種に指定されています。
それが、こんなにもピヨピヨピヨピヨ…。 あきら、大喜び(笑)

ちなみにヤエヤマアオガエルも月桃(ゲットウ)の葉の上で、ぽこぽこしていました。

帰り際にフクロウも見れたし(リュウキュウアオバズク)、夜の生き物にたーっぷり出会えた2時間でした。
今日もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください