石垣島の朝日

石垣島にも秋の気配が漂い始めました。

いくつかの台風が過ぎ去って、海は次第に冷たくなり、気温も少しづつ下がっています。といっても島の美しい景色は健在で、秋や冬だかかこそ美しく見える情景もたくさんあります。例えば朝日。朝日はどこで見ても美しく見えますが、石垣島の西側で見る、山から昇ってくる朝日が、私は好きなのです。

この写真は、りんぱなの事務所で撮った一枚。

山の稜線から日が昇る瞬間が大好きなのです。


日が昇った瞬間をズーム(望遠レンズ)で撮ると、流れる雲が湯気のように漂うように見えます。空の色も刻一刻と変わるのですが、日が昇る前の薄暗い時間は、浅い藍色。鳥たちが鳴き出す頃は薄紫のような青。山の向こうで日が昇り始めると、ソラスズメダイのような青色へ。そして日が昇る瞬間には稜線が黄金色に染まり、蝉が鳴き始めて朝がやってくる…。

そんな一瞬一瞬の景色が好きです。


日が出てすぐの海。とても静かで穏やかで、行き交う船もなく、時折小さなうねりがリーフ(サンゴ礁)で砕けます。私は、この西側で崩れる波のが好きで、夕暮れに波を見に出かけたりしていました。北風の日には崩れる波の音やアジサシたちの鳴き声が事務所の窓から聞こえ、今日はどこでSUPツアーをやろうかなと考えるのです。

毎日SUPツアーに出かけていますが、なかなかブログが書けなくて。「ブログの更新、楽しみにしてるんですよ〜」なんていうお客様の声も聞こえるけど、もーちょい待っててください。いまHPも新しく作り直しているので、それができあがったらきっと楽しんでいただけるページになると思います。

ではまた(あきら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください