雲の中を歩いたホタルツアー

石垣島は昨日(16日)梅雨入りし、しとしとと、時にざっと雨が降り続いています。今朝は急に気温が下がって、北部の海沿いでは20°cを一瞬下回りました。こんな気温が低く、そして風の強いなか、ホタルたちは飛び交うのかちょっと不安を覚えながら森を歩きました。

森へと向かう道中、行く先が白んでいくのが見えます。沢山の雨粒が森を白く包み込んでゆくのです。

R0121429 (1)

車を降りて10分ほどすると風が変わりました。雨が風を運んできたのでしょう。予定地を変更して、森のさらに奥へと進みます。最初は木の葉から雨粒が落ちてくる程度だったのが、途中からは傘が欲しいほどの雨へと変わりました。

DSC_1219

蝉が泣き止んで、アカショウビンの声や、フクロウたちの声が谷間にこだまして、、ホタルが光り始めました。

DSC_1223
DSC_1228
DSC_1232

最初の1匹目のホタルを見つけたのはお客さま。思わず「あっ!」と声をあげて、両手で口もとを覆って立ち尽くしています。

初めてホタルを見るのなら、そうなっちゃいますよね。驚きと、嬉しさ、喜び…。夜の森には、美しいものが沢山あるのです。

ホタルたちは森の奥で光り始め、ときおり私たちの近くを飛び交い、またいつのまにか森の奥へと移動し。名波のようなリズムでゆっくりと移動を繰り返したり、オスたちだけで風にのって飛ばされてきたり。

DSC_1227

そして、ふと気づくと、私たちは雲の中を歩いていました。雲が降りてきて私たちを包み込んだのです。

R0121435

しっとりとした柔らかな風が吹いて、苔の匂いがふんわりとして、ヤエヤマアオガエルたちが沢山ないていました。冬になくカエルたちが久しぶりにないていて、気温の低さも覗えます。そんな気温の低さもあいまってか、今夜は久しぶりにホタルの数が少なく、といっても、それでも100匹弱のホタルたちが飛び交っていました。

帰り道にはあちこちに水たまりがありました。水たまりと言っても、中には車のタイヤがすっぽり入ってしまうほどのものも。あぁ、久しぶりの雨が嬉しいなと、思うのでした。気温があがればホタルたちも沢山飛び交うでしょうか。

R0121440

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください