カヤックを漕ぎながら取材!なツアー

カヤックシュノーケルツアー

笑顔がとーっても素敵なお二人を、今日はカヤックのツアーにご案内〜!

「ツアーが終わったら、お話うかがってもいいですか?」と聞かれ、
よくよく聞くと、大学のゼミの調査で石垣を訪れているそうです。
・環境と観光のバランス ・景観と観光のバランス を調べているお二人で
エコツーリズムの取材を目的に、うちのツアーに申し込んでくれたそうです。

…偉い! 自分でお金だしてツアーの取材に来てくれた学生は初めてですよ。ほんと偉いと思う。
ちょこっとサービスもするけど、お金じゃ買えない沢山の事を伝えてあげたいし、
将来「こういう仕事にも就きたい!」って言ってくれているので、
それに役立つ話を沢山しようと、頭の中はそんなことでいっぱいでした。

まずは、楽しんでもらいたいから!話はなーんもせずに、ツアーに出発!

今日のツアーギャラリー

低気圧の影響で、久しぶりに風が吹き込んでいるけど、
いろんな自然をみてほしいから、少し遠くのポイントへ。

アオウミガメ

「もしかしたらウミガメが見られるかも」って僕が話したスグあとに、本当にウミガメが見られました。
写真は残念〜。海の中に静かに潜っていくウミガメを、透明度の高い海面から見下ろします。

アジサシの大群が海に飛び込む

アジサシの大群が海に飛び込んで、小魚たちを食べてる様子を見て、それを目指していきました。
私たちのすぐ目の前で、命の営みが繰り広げられています。文字や映像からは決して得られない体験です。

小魚たちのジャンプ

小魚たちが力強く海面から飛び跳ねて、大型魚に食べられまいと逃げ回る様子….

数え上げたらきりがない生き物たちのドラマが見られて、
みんなで見たものをわかちあって、「すごくよかった!」「きれいだった!」って。

「私たち2人だけでよかった。いっぱい話がきけたし!」って。
帰りのカヤックの上でも、ずっと話をしていたし、海からあがっても2時間くらい話をしていました。

手を放すと風に流されてしまう体験も、海の上で自分の手で漕がなければ得られない。
日常とはちょっと違う、自然に満ちあふれた時間を過ごしてもらえたんじゃないかなっておもいます。

また、一緒に海に行きましょう。
ありがとうございました^^

あきら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください