今日も、美しすぎる、ホタルツアー &、夜の森の調査。

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > 今日も、美しすぎる、ホタルツアー &、夜の森の調査。

今日は風も無く、穏やかな夕暮れ。
夜の森は沢山の生き物たちが泣き、珍しくツアーをはじめてすぐ、
僕らの真上にリュウキュウコノハズクが止まって鳴いていました。
懐中電灯をつけなくとも、月明かりでぼんやりとシルエットが浮かびあがり、
「コホーッ、コホーッ」と鳴くたびに尾っぽがピクリとあがる様子までみえて、
「あぁ、夜の森にいるんだな」って、ジャングルの雰囲気を肌で感じました。
石垣島の夜の森は、いつ行っても素敵だなぁ。

今日のヤエヤマボタルの写真↑

下を見ると「光ってたよ、あそこで今光った!」と、嬉しそうなお客さま。
1分、いや数十秒ごとに、ヤエヤマボタルの光(数)はどんどん増えていきます。
僕が見て来た中で、今年2縲怩R番目の大発生。
ガイドはひろに任せて、カメラのシャッターをきります。
でも、僕でも見とれてしまうほどの光の量に、なんだか嬉しくなって
ピントを調整するのも忘れていたようです。
ご覧の通り、ピンぼけばかり。残念…。
今日は対岸から対岸までを行ったり来たりするヤエヤマボタルたち。
こんなに沢山飛ぶヤエヤマボタルの様子は、
年に何回かしか見られませんからラッキーです!

写真で赤く写っているのは、車のテールランプの明かりが入ってしまった物です。残念縲懊?彌r

ツアーの最中は、生き物たちの声でいっぱい。
はじまる頃は、渡ってきたばかりのアカショウビン(南から子育てのために八重山諸島に訪れます)
の美しい声が山間にこだまします。もう、なんだかそれだけで幸せです。
暗くなってくると、フクロウが。そして、アイフィンガーガエル、ヤエヤマアオガエル…
たまに、オオハナサキガエル(準絶滅危惧種)も鳴いています。
「良い季節になったね縲怐vと、毎日口癖のようにひろと話していますが、
生き物たちの声をきくと、季節の移ろいを感じます。

ヤエヤマホタルは、ある一定の時間がくるとゆっくりと姿を隠すように
光を消していきます。その姿が、何とも愛おしいです。
今日はメスの周りに群がるオスの様子も観察できました。

お客様はカエルやトカゲなどの爬虫類が大好き。
それならば!と、カエルを探します。
木琴楽器のような声を出すアイフィンガーガエルを発見。
触ってみると、吸盤の吸い付く感じが気持ちいい。
目をハートにして、「可愛い」とずっとおっしゃっていました。
「次回は、ナイトツアーに来ない」って。

ひろがお客様をお送りして、別れたすぐあとに
「たのしかったねー!!」って話していたのが聞こえたそうです。
ガイドをしていて、一番嬉しい瞬間ですね(笑)

僕はそのころ、山の中にいました。
お客様はひろに送迎してもらって、僕は調査の為にそのまま夜の深い森へ…。
昨年の10月中半の台風で崩落した川が、どのように変化しているかを、
生き物を通じて見てみようと思ったのです。

不思議でした。
本来そこに生き物たちは一時いなくなったのですが、今日は帰ってきていました。
それも、普段見ることのない子供から、それを捕食する生き物まで。
生態系が時間をかけてゆっくりと出来上がっていく、もしくは回復していく様子を、
これからも継続して見て生きたいです。
今日も素敵の夜の森でした。

ホタルツアーに参加してくださって、ありがとうございました。
素敵な夜を過ごして頂けて嬉しいです。
また石垣島に遊びにきたとき、今度はナイトツアーにご案内しますね。
僕はフクロウとカエルが得意分野です。お楽しみに!

あきら

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら
2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ