ドングリの芽、再び

昨年の12月に山で拾った、ドングリ。

オキナワウラジロガシという日本最大のドングリで、直径が2.5cm?3cmもあります。

幾つか拾ったうちの1つの殻が割れて、根が出ていたので

器に入れて、苔をしきました。その時のブログツ黴?→ 根がでたので

DSCF3267

ツ黴?

しばらくしたら、ニョキッと。

発芽するんだ!!と喜んで、別の器に移しました。

DSCF3550

ツ黴?

ツ黴?

芽はどんどんと伸びて、2月の始めにはこんなに大きくなりました。

すっごく嬉しくて。もしうまく成長したら、事務所の近くに植えることにしました。

どれくらいかかるかわかりませんが、いつか巨大ドングリがいっぱいなるかもって。

ニヤニヤしながら、妄想しておりました。

DSCF3997

ツ黴?

がしかし・・・・

この直後、強風の日が何日が続き

気づいた時には茎が途中で折れて、葉っぱがなくなっておりました。

あぁ、私としたことが。もっと気にするべきだった。

森の中だったら、周囲の木々に守られてたかもしれないのに。ごめんね。

この1ヶ月半、落ち込んでおりましたら・・・・

ツ黴?

あれっ!!!!

新しい芽が出てる!!!!!!

DSCF4998

今日見たら、再発芽していました。やったー!

実の中には、栄養がぎっしり詰まってるんだなぁ。

同じ失敗は繰り返さないからね。風よけを、ちゃんとするからね。

ドングリに限らず、植物の力ってすごいなと思うんです。

その力は強く、そして美しい。いつも惚れ惚れしてしまいます。

ツ黴?

東日本大震災の発生から、今日で11日。

この間、色々な想いがありましたが、またこうしてブログを書こうと

お客様に楽しんで頂けるツアーをしようと、あきらと話しております。

石垣島の綺麗な景色を、生き物たちの姿を、おいしい食べ物を、

島の元気を伝えていけたらなと思います。

これくらいしか出来ませんが、良かったらまた覗きに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください