今、思うこと。これから、できること。

久しぶりの晴れ。
事務所の小窓から見える海は
真夏とまではいかないけど、美しいエメラルドグリーンをしていて
僕たちの気持ちを少し軽くしてくれる。

いつもと変わらない景色。日向ぼっこをする犬たち。
でも、もし何かが変わっているとしたら、一つだけ確かなことがある。
遠く離れてても繋がってる。海を通じて、地球の上で、自然だけじゃなく
人間同士、離れていても繋がってる。
何もできないことが歯がゆかったり、元気をだせないでいたけど
僕たちにもできることがある事に、何となく気づき始めていた。

シゴトを通して、何ができるんだろうと。


ツ黴?

僕たちのシゴトは、ガイドだ。

僕たちにできるのは、石垣島の自然を魅せること。
もうすぐ、マンタツアーが始まる。毎年、多くのお客様をお連れする。
海を泳ぐ巨大なマンタを見て、「人生観が変わった」というほど感動して下さるお客様がいる。
島の自然には、人の心を癒したり、何か特別な力をあると信じている。
それを実感したのは、何年か前のこと。あるお客様がツアーが終わって別れ際に、
目に涙をためて辛い心の内を話してくれたことがあった。
「ツアーに参加して、元気になれました」って。

僕らは何も知らないでご一緒させて頂いたけど、
お客様がそこで見た生き物や感じたことが、前向きで明るい希望へとつながったようだ。

その時初めて、「自然と人をつなげるシゴト」の重要性に気づいた。

時間がかかるけど、今回辛い経験をした方々の心にも、
島の自然の素晴らしさはきっと届くんじゃないかと思う。
僕らは心理学者じゃないから言葉だけで何かをすることはできないけど、
いつか島に来てくれる人々と、島の自然をつなげることはできるはず。
勿論、いつも上手くいくとは限らないし、簡単なことではないのはわかっている。


ツ黴?

今、日本だけでなく、世界中から多くの物資や義援金が集まっている。
現地で懸命に動いている方もいる。
それを目にする度、応援するし、どうか安全でいられるようにと祈願する。
僕たちの収入では巨額の寄付なんてのは難しいけど、1つ考えていることは
出来るだけ長期的な支援を続けていこうと思う。
まだ定かではないけれど、売り上げの数%を継続して寄付していこうと思う。

それから、「いつまでも忘れないでいること」。
1年先も、5年先も、10年先も、20年先も、ずっと。
たとえ1年に1度でも、こんなことがあったと思い出す。


ツ黴?

各地で様々なイベントや営業活動を自粛する傾向がある。
だがその反面、経済にも様々な影響が出るだろう。
例えば、飲食店。
外食を控える傾向が強まれば、売り上げは急落するし、余った食材は廃棄される。
1次産業(農業・漁業・畜産業など)は、保証を受けやすそうで、実は受けにくい。
廃業を免れない事業所が出ておかしくない状況にある。

様々な分野において、雇用状況も厳しくなるだろう。
トイレットペーパーなど増産をかけている工場もあるだろうけど、
それだけで急激に雇用を増加するとも思えない。
お金が出ない、市場が滞る、流通が滞る、雇用がなくなる。
日本の経済が滞ることは、復興にとってもマイナスの部分が多いはず。
配慮をすることは大切だけど、その活動の目的が何かを
しっかり考えて行動することも必要なんじゃないかと思う。

それに、経済は僕たちが生きていく基盤であり糧であるけれど、
生きるっていうのは、それだけじゃない。
やっぱり「笑顔」でいることが大切だと思う。
笑うこと、楽しむこと、それが元気につながる。


ツ黴?

僕たちは、日々の生活の中で時々思うことがある。
僕らのシゴトとは、一体なんなんだろう。
りんぱなの向かう方向性は、どこなんだろうと。

海や森の中で遊び、ゆっくりと時間を過ごしていると
お客さまは、見る度にイイ顔へと変わっていく。
汗かいてちょっと疲れて、ほっと体がゆるんできたら、
体だけでなく心も動いてる証拠なんだろう。

純粋に自然を楽しんで、子供に帰ったようにはしゃぎ回る事で
心と体がリフレッシュされる。不思議と気持ちは前向きになるし、
疲れてるはずなのに帰り道は足取りが軽い。

いつだって、そんなシゴトをしていたいと思う。

社会貢献とか大それたことはできないけれど、
ツアーに来ていただけお客様に楽しんでもらって、
ツアーが終わってからも、ツアーに参加している時以上に
元気になってもらいたいと、そう思うんだ。

6 Comments

さとうとしのぶ

あきらさんの?思い?ちゃんと届いてますよ!

昨年8月にマンタツアーに参加したけどマンタに遭遇できなかった、仙台の佐藤です。

我が家は幸いにも被害が少なく、皆元気です!

あきらさんの撮った石垣の写真を見て癒されてます。

これからも素敵な写真をいっぱいアップしてくださいね。

いつかきっと?リベンジ?に行きます!

返信する
hiro

さとう様

こんばんは。りんぱなのひろです。
コメント、ありがとうございます。

ご無事で何よりです。良かったです。
安否を心配していたところで、ほっとしました。
こうしてコメント頂けて、本当に嬉しく思います。

今年も、もうすぐマンタツアーが始まります。
マンタや美しい景色、珍しい生き物など
写真をいっぱいアップしていきます。
いつの日か、リベンジをお待ちしております。

返信する
あきら(りんぱなのガイド)

佐藤さま

こんにちは。
お元気!とのことで、ほっ、としました。

あの日は海は青くて、穏やかでしたね。
皆さんすっごく嬉しそうな出航後写真を見ていました。
いつか、また遊びにきてください!
今度こそ,マンタを見ましょう!

島の写真、アップしていきますね。
今は何もお役にはたてませんが、他に必要としてるものがあったら言ってください。
仙台では仲間も動いているので、もし何か困っていることがあれば人の輪をつないでいくこともできるかもしれません。

また、お会いできるの日を楽しみにしています!

返信する
あかうみうし

あきらさん、あらためてじっくり読んでみて、胸にジーンときました。
私も考えています。自分にできることを。
このごろなんだか、想像力が欠如していて、相手の立場に立って考えることができない、自分さえよければいいとおもっているような「残念な人」が多い中で、あきらさんはどうして、こんなにいっぱい考えられるんでしょう?

とってもすばらしいなあと思いました。

あきらさんにはじめて会ったときから、なぜか私はひきつけられるものがあって、もっともっとお話しがしたくって、ずーっとおつきあいしたいなあと思っていました。
私は本当に人との出会いに恵まれた人生を過ごしていると思います。(私の日頃の行いがいいせいかな?フフフ、自画自賛!)

りんぱなさんのブログは私のお気に入りで、読むのも好き。素敵な写真にいつも癒されています。
これからも、いろいろ書いて、写真もアップしてくださいね。楽しみにしています。
でも、ブログを書くのも大変でしょう?無理は禁物!からだに気をつけてください。健康第一ですよ。

これからもおつきあいのほど、よろしくお願いします。

石垣島に行くと、ふだんよりさらに、パワーアップで↑↑、はしゃいでしまって、子どもの私に戻ってしまい、笑っちゃって、おしゃべりになっちゃいます。石垣島で見るもの、聞くもの、触れるもの、におうもの、味わうもの、みんなみんな私のたからものです。

返信する
あきら(りんぱなのガイド)

その通ーりー!赤うみうしさんの日頃の行いがいいからでーす!!
僕も今日で完全復活。久しぶりの風邪さんともオサラバで、完全復帰しましたよ縲怐B
赤うみうしさんも書いたり読んだりの日々のなか、いつもうちのブログを読んでいただいてありがとうございます。島ののんび縲怩閧オたとこ、もっとアップしなきゃなぁ。
この文章は、僕とひろで二人で書いています。2人のお互いの思いを僕が書いた文章に加えていって、なんとかまとめて。ゆっくり時間をかけて書いていて、突然脱線して、また戻して…。書いてるよりも話してる方が長いくらい縲怩ナ、時間かかってしまいました縲鰀

返信する
あかうみうし

これは失礼しました、ひろさん。そうよねぇ。あきらさんひとりではムリ!?
豊かな感性をもっているひろさんの力で発想をふくらませなければね!(笑)
あきらさんとひろさんのおふたりの思いだったのですね。
トップの小さい字で書いてあるところは見落としていましたわ。ごめんなさい。
そうでしょうね。この文章はかなり時間をかけて書いたのだろうなということは感じていました。
ふたりでいっぱい話し合ってまとめたものなんですね。
この文章、今日、資料として使わせて下さい!
私は心理学者ではないけど、心理学を少し勉強したものとしては、カウンセリングってお話をきくことが大きな仕事で、アドバイスをするものでもないし、その人に寄り添って聴くものだと思います。言葉よりハートが大事じゃないかしら?
いつか、石垣島と京都をつないで中継して、話ができるように、実現に向けて私のほうでも専門の人たちに教えてもらいながら、真剣に考えてみます。ご協力よろしくお願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です