今日は川平石崎マンタスクランブルを陸上から調査。 川平石崎半島より。

今日は環境省(石垣事務所)の事業の下請けで、
川平石崎マンタスクランブルを陸上から調査しました。

マンタを見に、日本だけでなく世界からも沢山のダイバーやシュノーケラーが
訪れる「川平石崎マンタスクランブル」。 その利用状況を調査するものです。
どんな調査か詳しくはまた今度お伝えしようと思いますが、
今日は陸上から何隻の船が来てるか縲怩ニか、何人くらい使ってるか縲怩ニか、
船の係留方法やアンカリングポイントなどを確認してきました。

朝8時半頃からタープを張って準備。
合計6隻のボートを確認しました。

天気は晴れ!25℃を超える夏日で久しぶりに日焼け。
休日とあって人通りも多いので、余り目立たないようにしかタープが張れないから
熱かった縲怐Bお茶もがぶがぶ飲みながら。
しーっかし、何で海見てるとあんなに時間経つのが早いのかな。
8時間があっという間でした。

途中で海上保安庁のヘリがタープの周りをぐるぐる。
格好よく撮れたからのせちゃおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です