倉庫到着!

DSC_0058_800

今日は倉庫が到着しましたよ縲怐Bトラックに乗って。

写真を見ておわかりと思いますが、今日、熱いです!
Tシャツ1枚とサンダルでOK。さすが南国縲怐i笑

この倉庫はマンタツアーで使うウエットスーツやシュノーケリングの道具や、
山用の道具、などなどなどを収納する倉庫です。

まずは倉庫が傾かないように、ブロックと砂で水平を出します。

DSC_0061_800

以前僕は水道はじめ土方仕事をしてたことがあって、
職人さんたちが動いているのを見ると、↑(写真)動きたくでうずうずしますw

「言われる前に動け」
「遊ぶ時間を作るな(手持ちぶさたをするな)」
「何かやってる人がいたら手伝え」と、怖い親方に仕込まれていると、
「ただ見てる」なんて事できないんです。 後ろから怒鳴られそうで(笑

DSC_0072_800

↑ ついに手が出たところ(笑

社長はユニック(クレーン)捌きがきれいだなぁ縲怩ネんて思いながらサポートします。
倉庫の足をブロックに合わせて載せて完了。

DSC_0108_800

水平を出したものの微妙(1センチくらい)に傾いてて、
中にいた職人が「ちょっと高い。下げれる?5ミリくらい!」
外の職人「難しい注文してくるなー。はー」
社長「いい、いい。10ミリ下げろ」
いやいや、5ミリ均等に砂掘るなんて無理っす。1センチだって微妙なのに。

また何日かしたら、大きなブロック(800キロくらいかな)と、アンカーで

台風で飛ばされないように倉庫を固定します。

石垣では、業者さんによってはゆる縲怩「ところもあります。
見積もりの時も「いつから着工できますか?」って聞いたら
「解らない。やるとき連絡いれますよ」と。

数日して電話すると「え?もう作ってますよ!」
「木曜持ってきます」と、いいつつ結局土曜に(笑

でもね、どこよりも安くて、すごくきれいに早く作ってくれるんです。
溶接関係は何をお願いするにも、ここしか使いません。
お気に入りです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください