水牛

堆肥センターの前を通ったら、なぜか大きな牛がいました。

糞をしたら、即材料にする気かぁ??と思いながら、写真を撮ろうと近づいてみました。

そしたら、尻尾の動きがピタっと止み、そっぽを向かれ。

どうやら、警戒されてるようです。あらら・・・

DSCF4105

しかし、道の向こうからトラクターが近づいてくると

なぜか敏速に動き出し、ガードレールに近寄ってトラクターのおじさんを見ています。

飼い主なのかと思いきや、トラクターは普通に通過していきました。

そして、ポツンと残された牛。

DSCF4111

きっと飼い主の方は農家で、いつもトラクターに乗っているんでしょうね。

で、飼い主が迎えに来たと思って喜んだけど、違っててガックシ。

牛も、ちゃんとわかるんですね。大事に育てられてるのが、伝わりました。

早く迎えに来てくれるといいね。草は食べ放題だから、食べて待っててね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です