楽種工房さんで、消しゴムはんこ教室

ひょんなことから、楽種工房ツ黴?(らくだねこうぼう) さんにお邪魔しまして。

店主のキヨさんは、消しゴムはんこの達人。

キヨさんの作業机を覗いたら、幾つかのハンコが。可愛いものや、笑えるものなど。

思わず 「あがや?!(ビックリした時などに使う方言)」 と言いそうになったのは、住所ハンコ。

沖縄県の『縄』が、キレイに掘られてる!!!

それを見たあきらが 「この技を盗みたい」 と、突如「今日、これから出来ます?」とはんこ教室を申し込み。

いつもは予約制なので、この突然の申し込みに慌てるキヨさん。

「今日は暇だからいいですよ。でも、片付けるからちょっと待って下さいね。」

な?んて具合に、やらせて頂くことになりました。

IMG_2321[1]

こちらは、ヒョウモンリクガメの松本君。看板息子です。で?じ、可愛いです。

ツ黴?

まずは、図案を考えます。

ずっと前から、この消しゴムはんこ教室に来たかった私。

作りたいものは、たっくさん。マンタに、カエル、フクロウ、ホタル・・・

悩む悩む悩む・・・・

あきらはフクロウに決めて、見本やiphoneの写真を見ながら絵を描きます。

DSCF3836

ツ黴?

一方、私はカエルにすることに。

しっかし。。絵が描けないのですよ。下手すぎる。

隣で着々とイラストを描くあきらが 「まだ出来ないの?」 と言うので、ムカっときて

「今、お腹すいてるから集中力がないの!!」と言い返したら

キヨさんが 「パンあるよ、食べる?。お菓子もあるし。コーヒーと紅茶どっちがいい?」 と。

あぁ、すいません。頂きます。。。

で、肝心の絵のほうも、ほとんどキヨさんに手伝って頂いて。。。。

ようやく形になってきました。はぁ?、わたしゃ子どもか。反省。

ツ黴?

DSCF3841

図案が決まったら、トレーシングペーパーにトレースします。

それを、消しゴムにあてて爪で擦ります。そうすると、図案が消しゴムに転写されるんです。

ツ黴?

DSCF3850

彫刻刀で、消しゴムを彫っていきます。

ツ黴?

DSCF3846

「先生、ここはどうしたらいいですか?」と、キヨさんに教えてもらっているところ。

ツ黴?

DSCF3848

外側の輪郭がでけた。あとは、内側だ。

彫りながら、ゆんたく (おしゃべり)。お互い、お店を持つ身。色々ありますよ。

ツ黴?

DSCF3853

彫れたので、インクをつけて押してみる。

「うわぁ?、出来た!」と手を叩いて喜んでいるところ。

ツ黴?

DSCF3858

カエルは輪郭の茶色の部分と、内側の緑の部分(キヨさんが最速技でやってくれた)の

2つ構成となっております。輪郭だけより、可愛さがグ?ンとましました。

あきらのフクロウも出来上がり。レインボーインクで、押してみます。

「男の人で、ここまで出来るとは」と、褒められてました。

ツ黴?

DSCF3860

最後に、持ち手の木をつけたら完成。

ずっとやりたかったことが、1つ形になって嬉しい。

いっぱい手伝ってもらったし、パンは食べるし。

キヨさん様々となった消しゴムはんこ教室。とっても楽しかったです。

ナイトツアーのチラシも置いて頂いたし、色々とありがとうございました。

ツ黴?

お申し込みは、ぜひ事前に。何を作るかは、ある程度決めてから行きましょう!

お値段は、1,500円から。私たちのは、2,000円でした。

写真には撮らなかったけど、面白い雑貨、カメグッズもありますよ。

詳しくは、楽種工房さんへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です