サトウキビの収穫、始まる

2週間ほど前から、サトウキビ畑に穂を見るようになりました。

「え、もうそんな時期?今年、ちょっと早くない・・・」と思っておりましたら、

10日から製糖工場の操業が開始したそうです。

つまり、サトウキビの収穫が始まったのです。

ちなみに、サトウキビは稲科です。ススキのような穂が出ます。

DSCF2712

今日は初めての日曜日ということもあって、畑に出ている人もたくさんいました。

キビを刈る人、刈ったキビを整理する人、トラックに積む人、それを見ている人。

写真を撮りたいのだけど、私まで路駐しては渋滞してしまうので泣く泣く素通り。

ツ黴?

DSCF2722

夕方、誰もいない畑があったので撮らせて頂きました。

ツ黴?

DSCF2728

刈ったキビ、きれいに並べてありますね。でも、これ道路。

交通量、そこそこあるんですけど・・・。

実は、道路脇にある溝の上にあえて置いてあるのです。

下に溝があると、ロープ (ワイヤー) で縛るのが簡単じゃないですか。

こういうの、島らしいな。

ツ黴?

DSCF2729

キビの切断面です。繊維質ですね。

かじったら、甘いんだろうな。

ツ黴?

DSCF2691

クレーン (ユニク) がついた大型のトラックに乗せて、製糖工場へ運びます。

最盛期になると、パンパンに乗せます。もう崩れ落ちそうなくらい。

あまりにもすごくて、後ろを走っているとドキドキするんです。

ツ黴?

DSCF2706

キビのなくなった畑は、この通り。

収穫は機械でやるところもあれば、手作業のところもあります。

手作業は、とっても大変。昨年のスタッフ、じゅんは島生まれの島育ちです。

私からすれば、猿か!?と思うくら運動神経抜群で、体力もあります。

そんなじゅんでさえ、キビの収穫はたったの半日で疲れ果てると言ってました。

時間もかかるけど、やはり手作業のほうが無駄にする部分が少ないので

出来るだけたくさん収穫したいと、今でも手で刈るのだそうです。

大事に育てたキビだものね、無駄になんて出来ないよね。

収穫は4月の始め頃まで。島の冬の風物詩です。

ツ黴?

DSCF2731

西の空が朱く染まっていました。明日も晴れろ?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です