海ごみ ・ サイエンスカフェ

海の漂着するゴミについて、研究者の方々のお話を聞く機会がありました。

といっても、そんなに堅苦しいものではなく

お茶を飲みながら気楽にってことで、カフェとついております。

DSCF2443

司会はふくみみの大 堀さん。地球儀を使って、海と陸のこと。

DSCF2448

愛媛大学の先生が、長崎県の五島で調べた結果を教えてくれました。

石垣島も、調査地の1つになっているそうです。

DSCF2457

島のビーチには、どこにでもあるゴミ。プラスチックの浮き。

DSCF2460

この装置に入れると、たったの1分で細かな成分まで分かるそうです。

今回注目したのは、有害重金属。

浮きには、驚くほどの量の有害重金属が含まれておりました。

本当にどこにでもあるものなので、唖然としました。

そんなものが、海にあるんです。それも、たくさん。

すぐに流れでるわけじゃないだろうけど、だけどね。。。

DSCF2472

参加された皆さんも、この装置に興味津々でした。

つい先日、平野でゴミを拾うイベントがあったばかりで

それに参加された方も数人いらっしゃっていました。

驚きとショックで、会場はザワザワしていました。

私も、ビーチや海中でゴミを拾うことがあります。

でも、その成分が何か、ここまで深く考えたことはありませんでした。

研究者の方々のお話を聞くというのは、とってもいいチャンスです。

色々と、勉強になりました。ありがとうございました。

愛媛大学の石垣島での活動が、八重山毎日新聞に掲載されております。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/17276/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です