石垣島トレッキングツアー オープン! (1/24)

中国茶

テレビを見ていたら、中国茶器の特集をやっておりました。

人の手で、茶器を愛でるのだそうです。

長い年月を経て、しっくり馴染むものとなるのだとか。

うぅ?ん、そんな茶器で美味しいお茶が飲みたい!

「そういえば・・・石垣島にも、中国茶を飲ませてくれる店があるな。」

それは、行こう!!

DSCF8086

ツ黴?

かすかな記憶を頼りにたどり着いたのは、『喫茶 亜細庵(アジアン)』 さん。

店内には茶器は勿論、骨董品など見たことのないものばかりが。

音楽は、中国の古楽器を使った演奏でしょうか。女子十二楽坊を思い出します。

それにしても、ちょっと不思議な感じ。石垣島じゃないみたいで、旅行者気分。

ツ黴?

私は、沖縄でよく飲まれているジャスミン茶(さんぴん茶)を。

あきらは、爽健美茶でおなじみのプーアール茶を注文しました。

茶壺 (急須) に茶葉を入れ、お湯を注ぎます。それから、茶壺事態にもお湯をかけて温めます。

DSCF8089

その後、しばらく待つのまでは同じですが、日本の作法と違うのは

ここでカップにではなく、ピッチャーのような形をした茶海に注ぎます。

茶壺がこんなふうに、茶海にのるようになっています。これにより、蒸らす効果もあるのでしょう。

ツ黴?

DSCF8092

お猪口のような、小さなカップが2つ。

先ずは細長いほうのカップ、聞香杯にお茶を注ぎます。

『聞』 は日本語で聴覚を示しますが、中国語では臭覚、匂いなのだそうです。

ツ黴?

DSCF8094

どうやって匂いを嗅ぐのかというと。。。

もう1つのカップ、飲杯を上にかぶせます。

ツ黴?

DSCF8103

ここが、大事なところ。手に持って、「えぃ!」と

ツ黴?

DSCF8105

ひっくり返します。溢れてしまわないか、ドキドキしちゃって楽しかった?。

何度もやってもこの動作が面白くて、ハマってしまいました。

ツ黴?

DSCF8106

そして、聞香杯をそっと上に持ち上げます。

ドクンドクンと、お茶が飲杯に流れ込むのが感覚でわかります。

ゆっくりゆっくり上げきって、聞香杯を鼻に近づけます。

すると、ジャスミン茶のとってもいい香りが!!

いつも飲んでいるものと、香りが全く違います。ふわ?と柔らかい、爽やかな香り。

こんなに香りの強いものだったのかと、驚かされました。

プーアール茶は、ジャスミン茶に比べると若干くせがありました。

ツ黴?

DSCF8101

飲む時は、こうやって持つんですって。

飲み慣れたお茶だけど、こんなふうに手間と時間をかけると、ものすごく美味しい。

何より、リラックスできました。

最初、お店に入った時は異空間で緊張したけど

そんなことはすっかり忘れて、かなり長居していまいました。

こういうのを、時間旅行とでも言うのでしょうか。

お茶を飲むことだけを期待して行ったのに、

味覚だけでなく、臭覚、視覚、触覚、聴覚と、五感すべてを使って楽しめました。

そんなわけで、あきらと山ツアーの話で盛り上がりました。

山で、こんなお茶を出せたらいいな。手間を楽しみ、心を潤す、そんなツアーができたらいいなって。

ツ黴?

ちなみに。。。 そのテレビによると。

いにしえの詩人が歌った、お茶を飲んだ時の心地とは。

『1杯目は、喉と口を潤し

 2杯目は、寂しさを和らげてくれる

 5杯目では、肌と骨が清らかに

 6杯目で、仙人の魂が体に入ってくる

 7杯目は、もう飲めない』

3 Comments

知美

いにしえの詩人が歌った歌、深いですね縲怐I

ヨガの心境と通じるなぁーと思いました。そんなに極められてないですけど。。

山ツアー、楽しみにしてますよーo(^-^)o

山ツアーはまってしまいましたー。自然の中で山の音を聞いてのんびり過ごす時間って、ものすごく有り難く贅沢だなぁと思いました。本当、癒されましたよー。

返信する
あきら(りんぱなのガイド)

僕も自分でツアーを考えていながら、贅沢だなぁって時々思ったりします(笑)でも、あんなに綺麗な場所でのんびり過ごすことは日常では少ないから、沢山の人に味わって貰いたいですね。うちの事務所の裏山の小さな滝にも、遊びに行きましょうね縲怐I

返信する
hiro

知美さん

コメント、ありがとうございます。

いやー、ほんとに深いですねぇ。
仙人の魂が体に宿るなんて、中国らしい。

山ツアー、私も楽しみにしています。
今日にでも行きたいけど、残念ながら雨で?す。
仕方ないので、家でほうじ茶を飲んでいます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です