リキシャで日本一周!

今日は、私の大好きな写真家の三井昌志さんを紹介したいと思います。

なぜって、それは・・・三井さんがリキシャで日本一周をされたからです!

リキシャとは、バングラデシュの3輪自転車タクシーです。

人力車と自転車を合体させたような乗り物と言えば、分かりやすいのでようか。

ただし、色合いは派手です。日本の人力車のイメージとは、ちょっと違うかも。

私が三井さんに出会ったのは、もう何年も前のこと。

本屋さんで見つけたツ黴?『アジアの瞳』ツ黴?。表紙の女の子に一目惚れし、即購入しました。

当時私が住んでいた京都のご出身ということもあって、親近感もわきました。

実際にお会いしてみると、ごく普通のお兄さんなんですが(こんな紹介で、すみません)

海外を旅して躍動感あふれる、素敵な写真をお撮りになるんです。特に子ども、可愛い女の子の写真。

それから、毎年冬になると旅にでる三井さんの写真を楽しみにしていたのですが、

今年は海外ではなくて、日本、それもリキシャで走るというのです。驚きましたが、三井さんらしいとも思いました。

今年の3月に東京から徳島へ出発し、151日かけて日本を横断、10月3日に徳島から東京に戻ってきました。

このリキシャ、総重量がなんと100kg。そんな重いものを、夏の暑い日も、雨の日も風の日も。

坂道の多いこの日本を、毎日走り続けたのです。

ツイッターやブログを拝見する度、「今はこの辺だ」 とか 「もう、こんなところまで行ったんだ」 とか。

ゴールまでの予定が掲載された時は、ついにか!と思いました。

色々なことがありましたが、とにかく無事にゴールできて良かった。

おめでとうございます、そしてお疲れ様でした。ゆっくり休んで下さいね。

三井昌志さんHP たびそら
DSCF7482

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です