十五夜のナイトツアー

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > 十五夜のナイトツアー

今日は、2組4名様をナイトツアーへご案内しました。

見たいもののリクエストは、カエルとトカゲ。

カエルなら、得意です! トカゲは昼行性なので、寝ているところが見えたらいいですね。

ただし難しいので、ヤモリを探しましょー! あとは、ヘビもいるかも!!

そしてそして、今晩は十五夜。中秋の名月です。

真ん丸のお月様に照らされて、ナイトツアーの始まりです。

ツ黴?DSC_0543

ツ黴?

DSCF6872

先ずは、いつものように夜の音をじっくり聞いてみます。

辺り一面に響き続ける大きな音もあれば、かすかに聞こえる単発な音もあります。

今日のゲストさんは耳がとってもよくて、たくさんの音が聞こえたようです。

ここでは音の正体をあかしませんが、あきら曰くカエルの声だけで7種類。期待が持てます。

ツ黴?

DSCF6875DSC_0497DSC_0455

「さぁ、ここに何かいますよ」と、あきらが見つけたのはヤエヤマアオガエル。

全身緑で、目がクリクリしたとっても愛らしいカエルです。ゲストの皆さん、いきなりテンション上昇です。

ツ黴?

DSC_0450DSC_0453DSCF6901

カエルに会いたかったゲストさんは、カエルを手に「可愛い?」とニヤニヤ。

「普段は、アマガエルくらいしかいないから」と。もう、目がハートになってますよ。

カエルを初めて触るゲストさんも、恐る恐るタッチ。急にピヨ?ンと飛んで、「キャー」という悲鳴が。

でも、皆さんすっごく楽しそう。いい顔されています。ついつい、写真もたくさん撮ってしまいました。

ツ黴?

DSC_0510DSCF6887DSCF6893

ピンセットを使って、カエルの口の中を見ているところ。

口を開けようとすると、ちゃんと前肢でピンセットをバシっとやって嫌がるんです。

この「止めて」っていう動作は、実はカエルの健康診断です。このカエルは、健康です。

カエルがどうやって鳴くのか、どうやって餌を食べているのか、口を覗きこんで説明します。

口を開けられるのも、説明が出来るのも、カエルをよく知っているからこそです。

ツ黴?

DSCF6896

もう1つのリクエストを探しておりますと、おぉっ!!

上手に変装しましたね。見落とすところでした。木に擬態している、ホオグロヤモリです。

で、ヤモリを観察しようとしたら・・・草村をゴソゴソと。なんだ??

ツ黴?

DSC_0515

ハ、ハブだーーーー!

言わずと知れば、毒を持つハブ(サキシマハブ)の登場です。

その距離、僅か1mくらいでしょうか。ひぇ?、大迫力だよ。

攻撃態勢はとっていませんが、慎重に慎重に。

でもね、ハブって人間を襲うために毒を持っているわけじゃないんです。

被害の報告を見ると、ほとんどが誤って踏んでしまったり、石垣に手をついたらいたなんていう不注意。

こちらが何もしなければ、光をあてただけで逃げていきます。

今回も、ゆっくりのっそり地を這っていきました。いや?、それにしても緊張感が高まりました。

ツ黴?

DSCF6911DSC_0512DSCF6905

ハブが去るのを待ってから、ヤモリの観察再開です。

先程のカエルは吸盤を持っていました。ヤモリにも吸盤がある?

答えは、×。 ヤモリの手を虫眼鏡で見ると、意外な手をしています。

ツ黴?

DSC_0534DSC_0528DSCF6915

光るキノコを探しますが、残念ながら光らず。

水場では、とっても貴重なヤエヤマハラブチガエルがいました。

ジブリ映画のかまじぃに似た、ザトウムシもいました。ムシとつきますが、蜘蛛の仲間です。

ツ黴?

DSC_0552DSC_0554

ひらけた場所に出てくると、お月様の光が。中秋の名月、見事な月です。

石垣島では、ふちゃぎという俵型をしたお団子を食べます。

煮た小豆を潰さないでまぶします。小豆は、厄払いの意味があるのです。

ツ黴?

色々な生き物を見て、ツアーもそろそろ終了間近。

オカヤドカリがいて、見ていたら。。。やっと登場してくれました、フクロウ(リュウキュウアオバズク)です。

木の枝の間で、ちょっと見えにくかったのですが。

ツアー後の移動中に、電線に留まるフクロウをばっちり観察できたのでした。やったー!

ツ黴?

こうしてブログを書いてみると、盛りだくさんのツアーでした。

カエルは、他にもリュウキュウカジカガエル、オオヒキガエル(外来種)がいました。

残念ながら、鳴き声だけで姿が見えなかったものが2種類。

最初に聞いた音の正体は、予想通りだったり意外だったり。

何よりも、ゲストの皆さんがとっても楽しそうで。

いつも思うのですが、私たちはゲストの方から色んなものを頂きます。

言葉ではうまく説明できないけど、大事なものばかりです。

今回のツアーでも、たくさんのものを受け取りました。これからのツアーに活かしていきたいと思います。

ありがとうございました。私たちも、めちゃくちゃ楽しかった。

またいらして下さいね。お待ちしております。

ツ黴?

ナイトツアーのご予約はこちらから

エコツアーりんぱな 0980-88-2071

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • ひろ(元スタッフ )
  • 日本ウミガメ協議会元やりんぱなのスタッフとして活動し、現在は水産試験所で働いているカメがすきなおねーさんです。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら
2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ