石垣島トレッキングツアー オープン! (1/24)

イワサキセダカヘビ Pareas iwasakii カタツムリ 補食の瞬間を撮影

P8290920_800

27日に獲ったイワサキセダカヘビを水槽に入れています。
今夜は、カタツムリを探しに事務所の周りを歩きました。
いるいる!わずか30分で40匹のカタツムリを捕まえて、
早速セダカの水槽へ。

P8290915_800

なぜカタツムリかというと、このヘビは珍しい事に
カタツムリしか食べないんです。面白いですよね。

この子はすごくぼんやりしていて、
自分の体の上をカタツムリが移動していても、全く動きません。
ん縲怐B食べないなぁと思っていたけど、
チョット移動して、目の前にカタツムリが見えた瞬間、
頭の形がやる気になります。にょろっと首を持ち上げて、
カタツムリの後ろに回り、。
ゆっくりと間合いをつめて、そしてパクっ! っとくわえました。

P8290917_800
時間をかけてゆっくり殻から中身を引きづり出して…。
「コトッ!」って音をたてて、水槽の下に殻が落下します。
んー。お見事。きれいに抜けています。

お腹がすいていたんでしょうね。がっついています。
写真やビデオを獲っている間に40分で4匹。
その後また1匹食べました。部屋の隅で「コトっ!」っと
殻が落ちる音が聞こえてきます。

しっかし、のんびりしたヘビですねぇ。
普段見つかりにくく、どんなヘビかよくわかっていないことが
動き方をみていてると伝わってきます。

樹上性のヘビなので、木々をわたりやすいように発達した
しなやかな体と、強い締め付けができる強い筋肉。
地上性のヘビとは違いますね。
のんびりしているのは、狙う餌がゆっくり動くことと、
敵が少ないからなんでしょうね。

補食の瞬間は、こちら。

このヘビ、ナイトツアーの最中に1度だけ見たことがあります。
以前、このヘビを捕まえた!って地元の新聞に載る程の珍しいヘビなんです。
研究者の方などは、ちゃんと狙ってとれる人もいるそうですが、
僕なんかまだまだ。こうやって偶然の出会いを待つほかありません。
しばらく飼育し、ちゃんと自然にかえそうと思いますが、
このヘビを研究している方に連絡をし、必要であればおゆずりしようかとも考えています。

さーて、寝ます。

14 Comments

楽しい思い出有難うございました。ようやく昨日宿題が終わり、今日から学校です。蛇にはじめて触れました。そしてはじめてハブに曹禺しました。亀にも出会えて嬉しかったです。

返信する
あきら

今日から楽しい学校ですね?! 宿題が終わってよかった縲怐B僕は、いまだに中学の読書感想文が未提出です。  初ハブはどうでしたか?またカメに会いにきてくださいね縲鰀

返信する
hoso

はじめまして。東北大学でイワサキセダカヘビの研究をしている細(ほそ)という者です。知人のブログでこの動画のことを知り,ここに辿りつきました。このイワサキセダカヘビを,もしよければ研究のために提供していただけないでしょうか。ぶしつけなお願いで申し訳ありません。いつでも結構ですので,ご連絡お待ちしております。

返信する
あきら

ほそさん、こんにちは。噂はかねがね色々な方(西表の松本さんや、琉大の方、両爬関係の方)から聞いております。このブログの記事の最後に「研究者の方に..」と書きましたが、実は細さんのことだったんです。まさかご連絡いただけるとは思いませんでした。

この子はとても元気です。次の日もカタツムリを8つ食べました。写真と動画を撮りたいので、今しばらく飼育させていただいてもいいでしょうか。なにか「こうした方が…」というのがあれば遠慮なくご連絡ください。今日、明日中に、ほそさんのページのアドレスにメールさせていただきます。(ちなみに捕獲直後の糞は水槽内で水入れがひっくり返り、散らばってしまったので拭き掃除しちゃいました)

しかし、狭い世界ですね。このサイトの動画が、もう細さんに知られてしまうとは…(笑

今後とも、ぜひともいろいろな事をご教授願えればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

返信する
hoso

ありがとうございます!
知っておられたとは恐縮です。ほんとに狭い世界ですね。

お好きなだけ飼育してくださって結構です。
でももし飼育中に死んでしまったら,つよいお酒にでも漬けて送ってください。
標本になっても大いに研究に役立ちますので。

ご連絡待ちしております。取り急ぎお返事のみにて。

返信する
あきら

ありがとうございます。昨日、20匹のカタツムリを入れましたが、19個食べていました。おとといは一匹も入れていなかったんですが、それにしても大食いですね。今は木の上でご機嫌そうに丸まっています。
カタツムリの殻に入ったヤドカリを試しに入れてみようかなーと思っています。

もし死なせてしまったら、セダカ酒にしますね。(使わない純エタがあるのですが、何%ほどにすればいいでしょうか)

返信する
hoso

お返事ありがとうございます。
全身を保存するには70%がよいです。あまり純度が高いと体がカチコチになって,のちに解剖することができなくなりますので。また,体のほんの一部を切り取ってそこだけ100%に近いエタノールで保存していただけると,DNAを使った研究にも利用できます。でもかわいがっていた動物にハサミを入れるはためらわれると思うので,万一の場合にもそこまでしていただなくてもけっこうです。
もちろん,亡くなってしまう前に送っていただけるのがベストです。行動については,調べないといけないことがまだまだたくさんあります。

返信する
hoso

ありがとうございます。
それと,恒常的な多湿にはとても弱いので,飼育中は通気性にお気をつけください。

返信する
hoso

こんばんは。ヘビは元気にしていますでしょうか。
実は来週14日に,調査で石垣島に立ち寄ります。
ヘビの受け取りを兼ねてご挨拶に伺いたいと
思うのですが,ご都合いかがでしょうか。

ここ仙台はもう秋真っ盛りです。これからどんどん
寒さを増していきますので,郵送していただける
としたらそろそろタイムリミットです。
直接受け取ることができればより安全かなと
思いまして・・・。

お返事お待ちしております。

返信する
あきら

すっかり連絡が遅くなって申し訳ありません!
あれから一度脱皮をし、その後、食が少し細りました。
脱皮前だから大量に食べていただけでしょうか。

いよいよ渡すとなると寂しい気もしますが、
研究にお役立ていただければ幸いです。
ひとつお願いがあるのですが、
可能であれば、生きた状態で返していただけると幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です