アンガマ

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > アンガマ

沖縄では、古くからある行事やお祭りを大切にしています。

そしてそれは、今でも旧暦でを行うことが多いです。

ここ八重山では、ソーロン(お盆)は旧暦の7月13日から15日まで。

新歴でいうと、今年は8月22日から24日まで。

今日は、まちなか交流館のゆんたく家にアンガマを見に行きました。

DSCF6227

ツ黴?

ツ黴?

6時からと聞いていたのですが、時間を過ぎても始まりません。

仏壇のある家々を回っているので、仕方ありません。

待っている間、集まった人たちはなぜか上を見ていました。そこにいたのは。。

DSCF6140

アーケードの上に猫、癒されますな?。

ツ黴?

DSCF6150

遠くで賑やかな音が聞こえたと思ったら、やってきました。

ウシュマイ(おじぃ)と、ンミー(おばぁ)です。旧盆にあの世からやってくる、精霊です。

ツ黴?

ツ黴?

DSCF6152

引き連れているのは、ファーマー。子や孫です。

ツ黴?

ツ黴?

DSCF6155

旧暦の7月13日をウンケー(お迎え)、14日をナカビー、15日をウークイ(送り)と呼びます。ツ黴?

ツ黴?

DSCF6164

ゆんたく家に上がって、先ずはお仏壇の前で手をあわせます。

ツ黴?

DSCF6175

扇子を持ったファーマーが、踊ります。

ツ黴?

ツ黴?

DSCF6196

傘を持ったファーマーも、踊ります。ツ黴?

ツ黴?

DSCF6200

踊りの間に、ツ黴?ウシュマイとンミーの会話タイム。

客席には質問を投げかけるサクラがいて、2人と話します。

「宿題が終わらんのだけど、どうしたらいい?」なんて質問も。

このやりとりが、面白い。ここでお客さんを笑わせられるかどうかは、演者の腕のみせどころ。

方言も達者でないと、この役は務まりません。

ツ黴?

DSCF6206

そして、また踊ります。ツ黴?

ツ黴?

DSCF6210

踊ります。

ツ黴?

DSCF6219

そしてそして、また会話タイム。こうやって、踊りと会話の繰り返しです。

演者の方はこの暑さの中、大変でしょうね。

時々、ストローを使ってコップの水を飲む姿も見えました。水分取らなきゃ、倒れるよね。

ツ黴?

ツ黴?

DSCF6223

ファーマーの皆さんも、ウシュマイとンミーについて各家々を回ります。

ツ黴?

ツ黴?

DSCF6230

ウシュマイが踊っていたら、腰ひもにしている縄がほどけたようで

ンミーが慌てて直そうとしたのですが、簡単にはいきません。そりゃそうだ。

ウシュマイは、この後しばらく舞台裏に。

ツ黴?

ツ黴?

DSCF6234

ゆんたく家にきて下さったのは、登野城青年会の皆さんだそうです。

新川青年会では、今年初めて手話でのアンガマに挑戦するとか。

こういった伝統文化を継承するのは、大変なことです。

何とか、この伝統を残してほしいと思います。

私は島の者ではないけど、島が元気だとやっぱり嬉しく思います。

皆さん、暑い中大変かと思いますが、頑張って下さいね。

八重山の大切な行事を見ることができて、とっても楽しかったです。ありがとうございました。

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • ひろ(元スタッフ )
  • 日本ウミガメ協議会元やりんぱなのスタッフとして活動し、現在は水産試験所で働いているカメがすきなおねーさんです。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら

この夏のイチオシ

星空ツアーのバナー

星座ブック作りのバナー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ