石垣島トレッキングツアー オープン! (1/24)

また行きたい、ナイトツアー

今日は、関西からお越しのご家族をナイトツアーにご案内しました。DSCF6136ツ黴?

久しぶりの関西弁、懐かしい。ついつい、私も関西人に戻ります。

送迎の車の中では、おしゃべりに花が咲きます。

と、電線に留まっているのは・・・カンムリワシです!国指定の天然記念物で、絶滅危惧種でもあります。

冬は巣立ったばかりの子どもをよく見かけるのですが、この時期は滅多にお目にかかれません。

時折、高い声で鳴いています。カンムリワシに会えるなんて、めちゃめちゃラッキーです。

ツ黴?

ツ黴?DSCF6125いつものように、夜の音を聞いてツアー開始です。

ナイトツアーの場所には、色々な植物が生えています。南国特有のものも、たくさん。ツ黴?

「いつもと景色が違う」 「見たことのない木や植物がいっぱい」 「葉が大きい」なんてお声が。

近くに蝶園があるので、蝶の食草も幾つか植えてあります。

そこを探してみると、オオゴマダラの幼虫がいました。黒、白、赤のカラフルな幼虫です。

ツ黴?

それにしても、R君。とっても怖がりのようです。

最初の注意事項で、ハブの話をしたのも影響しているのでしょう。

楽しんでいるかのように見えましたが、「早く帰ろう」とか、「こっちのほうが近道?」な?んて。

「これから、草村の中を歩きます」と言うと、首を横に大きく振ります。

お母さんに説得され、なんとか歩いていくと、そこはカエルワールド。

以前カエルを飼育していたことがあるだけあって、カエルは大好き。

リュウキュウカジカガエルを頑張って捕まえようとしますが、ちょっと難しい。

うまくいきません。そこで、私が捕まえることに。

私もよく逃がしてしまうので、緊張しながら・・・えい!捕まえた!!

と思ったら、勢いよく跳んでR君の顔に激突して「うわぁ?!」。でもその後、無事にゲットです。

DSCF6126DSCF6127

DSCF6128DSCF6130DSCF6133

日本一小さいと言われる、ヒメアマガエルもいました。隠れると、どこにいるのか分かりません。

カニも好きなR君。探してみると、巣はあるのですが。中に隠れてしまいます。

ツ黴?

この場所、絶滅危惧種のカエルがいたり、とってもいいフィールドなのですが。。。

外来種の魚や植物もいます。誰かが、ペットとして飼育していたものを捨てていったのでしょう。

サトウキビ畑の害虫駆除のために持ち込まれたオオヒキガエルも、今では島のあちこちに。

R君はカエル以外にも様々な生き物を飼育していたようで、お母さんは外来種についてもよくご存じでした。

これ以上、人間の勝手で外来種を増やすのは止めましょうね。

ツ黴?

ツ黴?カエルワールドを後にして、道を進むと。上のほうから、フクロウの子どもの声がします。

身を隠すのが上手なフクロウを、ここで探すのは至難の業なのですが

運良く、とってもわかりやすいところにいてくれました。いつ見ても、可愛いのであります。

僅かな間でしたが、双眼鏡で観察できました。おばあちゃんも、喜んでいらっしゃいました。ツ黴?

ツ黴?

DSCF6135DSCF6137DSCF6138

沖縄三大名花のオオゴチョウを見たり、星空を見たりして、帰ろうとしたら突然の大雨。

ツアー終了間際でよかった。急いで車に戻ります。

でも、リクエストを頂いていたので自動販売機に寄りました。ここにたくさんいるのは、ヤモリ(ホオグロヤモリ)。

「いた」 「こっちにも」 「あっちのも」で、結局何匹いたのでしょう?

見たかったヤモリがたくさんいてくれて、ご満悦のR君。

最初はあんなに怖がっていたのに、「また行きたい」と言ってくれました。

楽しんで頂けたようで、私も嬉しいです。ナイトツアーへのご参加、ありがとうございました。

またのお越しを心よりお待ちしております。

ご紹介下さったS先生も、ありがとうございました。

ナイトツアーのご予約はこちらから

エコツアーりんぱな 0980-88-2071

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です