カメを探す、スペシャルナイトツアー2

昨日に引き続き、スペシャルナイトツアーです。Kさん親子をご案内します。

今夜も、たくさんいてくれるといいのですが。

ヤエヤマイシガメを探して、昨日とは違う場所に行きました。

姿は見せませんが、絶滅危惧種のヤエヤマハラブチガエルが鳴いています。

いつもなら探すところですが、今日の主役はカメ。カメよ、カメ。出ておいで。

それにしても、何がいるんでしょう?暗闇から、カサ、ガサという音が聞こえます。

沖縄の夜といえば、ハブです。カエルを狙って、ハブが活動している可能性は大きいです。慎重に進みます。

夜の音に慣れてきたY君。ハブではなく、カメであることを願って辺りを探します。

じーーと観察していると、それは赤い色をしていて、横に素早く移動するものだとわかりました。

音の正体は、ベンケイガニでした。びっくりしたな、もー。

DSCF6061DSCF6065DSCF6059

ヒメアマガエルは、あちこちでピョ?ンと。小さいけど、太っちょのカエルです。

オタマジャクシは、うじゃうじゃ。これを狙って、カメよ来い!

ツ黴?

う?ん・・・願いは届かず、カメはおりません。残念。

気を取り直して、昨晩たくさんのカメがいた場所に移動します。今日は、何匹いるかな?

Y君に今日の目標を尋ねると、「2匹」と。謙虚にいったほうが、見つけた時の喜びが大きいからだそうです。

がしかし。。。。何だか、昨日と様子が違います。

夕方に大雨が降ったので、水かさが増しています。カメは泥に潜っているのか、姿が見えません。

必死に探します。木の葉をカメと、何度間違えたことでしょう?

やっとのことで1匹おりました。そしてそして、そのカメを見た瞬間、Y君が叫んだのでした!!!

DSCF6066

ツ黴?

DSCF6067

カメの甲羅です。よーーく見ると。

甲羅の1つ1つのパーツである甲板。ちょっと形がおかしいのです。

ツ黴?

DSCF6072

普通は左右対称なのですが。。。このカメのお尻のところの甲板は、でこぼこな形をしています。

ツ黴?

DSCF6070

助甲板も、こっちは5つなのに

ツ黴?

DSCF6071

こっちは4つです。こんなの初めてみました。

というより、初めて知りました。いや?、Y君といると勉強になります。

どっちがガイドなのか、わからない。さすがはカメ博士!

今度から、ちゃんと気をつけて観察しないと。もしかしたら、貴重なカメかもしれません。

ツ黴?

DSCF6078DSCF6075

その後、オカガニ、サキシマヒラタクワガタがいました。ヒメアマガエルもたくさん。

でも、カメはおらず。目標の2匹に届かない、1匹でした。

昨日は6匹もいたのに、みんなどこに行ったんでしょうか?

天気、気温、水深などなど、人間にとっては僅かなことですが、カメにとっては大差なんでしょうね。

泥に潜って休んでいるとか、あとは餌が少ないとか。

そんなことを考えさせられた、スペシャルカメツアー2日目でした。

ツアーを終え、スタート地点に戻ってきたY君。

「すごく長い時間、広範囲を探していたような気がするけど、意外とそうでもなかった」と。

探すのに夢中で、目も耳も、すっごく集中していたようです。ハブがいないか、緊張もしていたでしょうし。

こうやって一生懸命探すと、見つかったときの喜びも大きいもの。

カメは1匹しかいませんでしたが、探す楽しみは味わえたのではないでしょうか。

私も、色んな意味で勉強になったナイトツアーでした。ありがとうございます。

ツ黴?

旅の日程もあと少し。カメにもっともーーーっと、会いたい。カメカメ、カメーーー!

2 Comments

ひろさん亀探し大変でしたね。我が家の亀も旅行中脱走することなく無事に過ごしていました。ただよほどお腹が空いていたらしく指をかまれました。来年も頑張って石垣島にいきます。

返信する
hiro

豊さん

コメント、ありがとうございます。
亀探し、お疲れ様でした。
色々と勉強になりました。早速、ナイトツアーで使っております。
来年に向け、新しいポイントを探しておきます。

イシガメも良かったのですが・・・
セマルがいたことが、とっても嬉しかったです。
私も久しぶりに見ましたし。

お家の亀ちゃん、元気でなによりです。
今頃、砂肝にかぶりついているのでしょうか?羨ましいですの?。
うちのハナは、キノボリトカゲに噛み付こうと必死で追いかけていました。

またのお越しをお待ちしております。
ありがとうございました!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です