漫才入門

DSCF4776

ツ黴?

『漫才入門』 という本を読んでいます。

ガイドを辞めて漫才師になって、

M1で優勝して、1000万円獲得したら

ミント(犬)は毎日バナナ食べ放題。

デブ犬になります!ツ黴?

ツ黴?

ツ黴?

というのは、勿論冗談です。 ただガイドですから、言葉は大切なツールです。

何を説明するにせよ、難しいよりは分かりやすいほうがいい。

つまらないよりは、面白いほうがいい。

お客様が楽しいと思って下されば、その思い出はずっと残ります。

この本は、初心者を対象とした入門編。簡単で単純だけど、なるほどなるほど。

テレビでよく見る芸人さん達は、こうしてネタを作っているんだぁと納得。

練習問題もついていて、自分でもネタを考えみる。。。。

うーーん、難しい。 でも、作り方は何となくわかったぞ。

はてさて、これをどう活かすか。ツアー中に、いきなり漫才を始めてもお客さん困っちゃう。

しかも素人の漫才ですから、見られたもんじゃないです。

そもそも、ボケとツッコミの両者がいてこそ、笑いは成立するのです。

りんぱなスタッフは、基本的に天然ボケですからね。ツ黴?道のりは、険しいのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です