サキシマアオヘビは居たけど、ヤエヤマヒバァがいない その5

今日も探しに行ったけど、いない。
んー。暇なのでちょっといたずら。

沼地にいたヤエヤマイシガメを集めてみる。
….いっぱいいるときもちわるっww

今日はひろも一緒に行って、
ひろ「あっちに行って見ない?」
あきら「あっち縲怐H(何もいなさそうな感じだよ)」
…..

あきら「サキシマアオヘビ!」
ひろ「ほーら、あたしのおかげじゃん」
あきら「うんうん。さすがひろさんだね!(棒読み)」

このアオヘビは、珍しいんですよ。
どこが珍しかっていうと、ミミズを食べるんです。
生態もあんまりよく解っていないんだそうです。
数が少ないですからね。
尻尾に傷がある。もしかするとヘビ同士でケンカしたのかも。
これだけ大きな牙痕が残るとすると、ハブ?
片眼は白内障のようになっている。

サキシマヌマガエルも、反対側の後肢が骨折していて
歩くことさえできなさそうだった。

僕は、生き物は好きだけど、野生の生き物は、
怪我をしているから連れて帰って治るまで育てようと、思わない。
野生は野生にあるべきままでいいのだ。
連れて帰ったとしても治るかどうかわからない。
逆に、運が良ければいつかは骨折も直って飛べるようになるかもしれない。
だが、彼を食べるはずだったヘビのご飯が無くなるかも知れない。
何より、僕が今日彼を見つけなかったとしたら…。
そう考えると、運命は変わらない。

人はヒトであって、今や自然とはかけ離れてしまっている。
生態系をむやみにいじった結果が、色々な場所で見受けられる。
食物連鎖の輪はあまりいじらないようにしている。

4 Comments

花咲蛙

 普段は一番出会えるヘビなのに,探すとなるとあえないんですよねー(笑)。
あきら’S Eyeを持ってしても、見つからないんじゃ、お手上げですねー。
まぁ、天気が良すぎるからなんでしょうか?

 しかし、あきらさん、写真めちゃめちゃ上達しているじゃないですかー。
しかも、夜の沢沿いのササゴイなんて、気配を消さないと写真撮れないですよねー。

石垣から遠のいている私、ますますあきらさんにカエル探しで負けてしまいますわ!

 

返信する
あきら

そうなんでーす!O先生も「オオヒキさえ出ていないなんて…」と肩を落としていました縲怐B16日を最後にカラッカラなんです。 写真!ありがとうございます!(オオハナかわいいでしょ縲怐j先日、元さんにお世話になってからフラッシュの使い方(ライティング?)に火が付きました。カエル同様、好きなモノは吸収が早いのが売りです(笑) ササゴイはですねー、川の流れの音が凄いので、気づかれないだろうと思ったんですが、これでも逃げられている方なんです(本当はもっと近づけると思っていたんだけど)。

花咲蛙さんのお陰で、色々な方にかわいがって頂いています。先日の元さんも「やんばるの森は始めて」な僕にちょっと不安そうだったんですが「花咲蛙さんのお手伝いで縲怐vと言うだけで「あぁ、じゃぁ大丈夫!」と置いて行かれ(笑)。 本当、素敵な師匠につけて幸せです!また山に連れて行って下さいね縲怐I

返信する
花咲蛙

 写真、なんとなく元さん風だなぁって感じました。
元さんにやんばる案内してもらったんですね。よかったよかった。
やんばるで置いて行かれ・・・、あはは、元さんに信用され,本人も集中して撮影されたようですね。
もちろん、私もあきらさんを信用・信頼をしていますし,
一緒に行く山は安心しますし,いろんな生き物を見させていただきますので楽しいです♪
 しかし,ホント素晴らしいものを生み出す人,元さんの集中力はすごいものがありますね♪

 石垣は海も山も,すっかり真夏ですねー。
あきらさんを始め,りんぱなのみなさん,たくさんの石垣の自然をお客様に紹介してくださいねー。
また石垣に行ったときには,ご一緒してくださいませ♪ 
  

返信する
あきら

 元さんの写真は憧れだったので、ご案内してもらい写真の業も盗まさせて貰いと嬉しい一夜でした。元さん、蟹みたいに足がいっぱついてるフラッシュ使っていました(笑) キレイに撮る業は、トンボ玉同様に職人だなぁと感じたし、カメラを構えてからの気迫は、見ている僕までも熱くさせます。
 いやいや縲怐A師匠に褒められるなんてくすぐったいです(笑) また山に行きましょうね。
 海に山に、石垣にいらした皆さんに楽しんで頂けるツアーを作り続けますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です