サキシマアオヘビは居たけど、ヤエヤマヒバァがいない その5

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > サキシマアオヘビは居たけど、ヤエヤマヒバァがいない その5

今日も探しに行ったけど、いない。
んー。暇なのでちょっといたずら。

沼地にいたヤエヤマイシガメを集めてみる。
….いっぱいいるときもちわるっww

今日はひろも一緒に行って、
ひろ「あっちに行って見ない?」
あきら「あっち縲怐H(何もいなさそうな感じだよ)」
…..

あきら「サキシマアオヘビ!」
ひろ「ほーら、あたしのおかげじゃん」
あきら「うんうん。さすがひろさんだね!(棒読み)」

このアオヘビは、珍しいんですよ。
どこが珍しかっていうと、ミミズを食べるんです。
生態もあんまりよく解っていないんだそうです。
数が少ないですからね。
尻尾に傷がある。もしかするとヘビ同士でケンカしたのかも。
これだけ大きな牙痕が残るとすると、ハブ?
片眼は白内障のようになっている。

サキシマヌマガエルも、反対側の後肢が骨折していて
歩くことさえできなさそうだった。

僕は、生き物は好きだけど、野生の生き物は、
怪我をしているから連れて帰って治るまで育てようと、思わない。
野生は野生にあるべきままでいいのだ。
連れて帰ったとしても治るかどうかわからない。
逆に、運が良ければいつかは骨折も直って飛べるようになるかもしれない。
だが、彼を食べるはずだったヘビのご飯が無くなるかも知れない。
何より、僕が今日彼を見つけなかったとしたら…。
そう考えると、運命は変わらない。

人はヒトであって、今や自然とはかけ離れてしまっている。
生態系をむやみにいじった結果が、色々な場所で見受けられる。
食物連鎖の輪はあまりいじらないようにしている。

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら

この夏のイチオシ

星空ツアーのバナー

星座ブック作りのバナー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ