旧石器時代を学ぼう

石垣島の白保という地で、人骨が発掘されまして。

それが2万年前のものとわかり、この夏に更なる調査が行われるそうです。

その関連もあって、市立図書館で『骨講座』が開催されています。

今日は、その第2回。テーマは、旧石器時代について学びましょう!

DSCF4019

ツ黴?

骨って、すごいですよね。骨を調べると、わかることがたくさんあるんです。

旧石器時代って、どんな時代だったか?

進化って、そもそも何なのか?

沖縄本島で発掘された、港川人ってどんな人なのか?

な?んてお話を交えながら、やっぱり興味津々なのは・・・白保の人骨はどうなんですか!!!

骨の年代の調べ方には、色々あるらしいのですが

骨そのものの年代を調べた中では、日本最古なんですって。

でも、見つかったのは極一部の骨だけで、詳しいことはまだわかんないそうです。

人間以外の動物の骨の話も、少しでました。

面白いのは、沖縄本島、宮古島、石垣島の骨を比較したお話。

本島と石垣島では発見報告があるのに、宮古島ではない!という生き物がいたり。

先日の旅でよく耳にした、やんばるのノグチゲラやハナサキガエルの話題もでて。

これらもまだまだ調査中で、詳しいことは不明なんだそうです。

ネーチャーゲームの研修大会での特別講演、ゲッチョ先生から骨の話題が続いとります。

色濃い世界に、ちょっと足を踏み入れようとしている私。あぁ、ドキドキ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください