美ら海水族館、ではなく!隣の「熱帯ドリームセンター」へ。

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > 美ら海水族館、ではなく!隣の「熱帯ドリームセンター」へ。

美ら海のある「沖縄海洋博」には立派な植物園もあるんですよ。
昨年6月に、ネイチャーゲーム初級指導員養成講座を石垣島で開催したのですが、
その時、この海洋博のスタッフの方が参加してくださったんです。

今日はいきなり!その人を訪ねました。

海洋博公園には、水族館だけでなく、植物の専門家も沢山いるんです。
島の植物で自分で同定(種の名前を確かめること)するのが困難なものは
プロの先生にお願いして確かめて貰うのですが、そんな狙いも実はあったりして。

今日は石垣に来て下さった職員のMさんに無理言って「熱帯ドリームセンター」を案内してもらいました。
この植物園のコンセプトは「古代遺跡」で、そこに迷い込んだら中は花の楽園だった!っていう話しになっているんだそうです。その通りで、中はたーーーくさんの花花花!!「きれーい!」「すごーい!」なんて声がとまりませんでした。

各フロアーで、いろんなお話をしてくださったんですが、うんうん。とっても解りやすくて楽しい!!
いつもは案内役をしているので、誰かに案内してもらうととーっても楽しいんです。参加者の気持ちがちょっぴり分かりました。

IMG_2041「海獣課の課長が、ここに立って、この花をじーっと見てたんですよ」
と言って、突然ランの花の前で止まります。

「何がいるかわかります?」
全然解らないぼくら。

「この中になー、マナティーがいるんだよなー(って課長が)」

「あーー!!!」「いたーーー!!」「かーわーいー!!」

さーーーすが海獣課の課長。目のつけどころが違う!
僕の携帯で取ったやつだと解りにくいんだけど、見えますか?中心の白い部分。
ずい柱 の部分は、それ以降マナティー以外には見えなくなってしまいました(笑)
こーいう話しが面白くって(笑)

それと、途中でいくつか出てきましたよ。間違って名前を覚えている植物が。
魚みたいに解りやすいガラがあれば、植物ももっと見分けやすいんですけどね…。
いかんせん地味な植物も沢山あって図鑑では調べきれないので、
あきらは時々、頭の中の間違い探しをしに、こういうプロのいる施設を訪れます。

Mさんは、「これ、絶滅の心配が有る植物ですね」ってあちこちで
サラって解説してくれるんですが、面白い植物がいっぱい。
自分1人でいってももちろん楽しめるけど、
ガイドさんがいると何倍も面白い!んですよね縲怐B

余談ですが、僕が絶対にオススメする旅行のスタイルは、各地のツアーガイドを頼むこと。
僕もそうですが、ガイドさんって「これは見せたい!」って思ってる
場所や生き物など、いろんなネタを沢山もってるし、沢山勉強しています。
ガイドを頼むと、一緒にいて話を聞くだけでとーってもたのしいですよ縲怐I

Mさんと別れた後も、さっきの話しを思い出しながらもう一度植物園を歩きました。

やーー、楽しかったなぁ。

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら

この夏のイチオシ

星空ツアーのバナー

星座ブック作りのバナー

2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ