石垣のホタル

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > 石垣のホタル

玄関のドアを開けると、そこには小さなお客様が。サキシママドボタルです。ここ、石垣島とお隣の西表島に生息しているホタルです。

DSCF1421

ツ黴?ツ黴?

ツ黴?DSCF1413

ホタルと言えば、お尻の「光」ですよね。でも、全てのホタルが光るわけではありません。サキシママドボタルは、ほとんど発光しない種類です。そもそも、ホタルはなぜ光るのでしょう?そして、サキシママドボタルは光らない変わりに、どうするのでしょう?

ツ黴?

ツ黴?

ツ黴?

ツ黴?

ツ黴?DSCF1422

体の前方、赤いところを前胸部と言います。前の部分に1対の透明な部分があるのが、わかりますか?これが窓のように見えることから、マドボタルと呼ばれています。石垣には、2種類のマドボタルがいます。このサキシママドボタルと、オオシママドボタルです。成虫になる時期が違うこと、サキシママドボタルのほうが小さいことから、見分けがつきます。

ツ黴?

ツ黴?石垣には2種類のマドボタルを含め、全部で9種類のホタルがいます。光るもの、光らないもの、また光り方も種類によって様々です。

ツ黴?

DSCF1426

ツ黴?

少し風が吹いていたので、上手く飛べないのかな?と心配していると・・・しばらくして、ひゅ?と飛んでいきました。黒い部分は、上羽。そこを広げると下羽があり、下羽を羽ばたかせて飛びます。ちなみに、これはオスです。どこかでメスに出会えるといいですね。

ツ黴?

ツ黴?

ツ黴?

ツ黴?最近、カエルやヘビで盛り上がっているりんぱなのナイトツアー。あまりブログには書きませんが、実は、ホタルもよくいます。夜空を見上げて美しい星空に感動し、ふと目線を下におろすと、地上にも何か光るものが。「あ、光った!」と思わず叫んでしまいます。時期によって成虫が飛んでいる時、草村で幼虫が光っている時、両方に会える時があります。その光は、どれも小さいです。でも力強くて存在感があって、そしてなぜか優しい気持ちになれるのです。

先日、あきらが「ヤエヤマボタルが光り出したよ!」と教えてくれました。うわぁ?、それは私も見たい!!これからGWにかけて、ある一定の時間だけ一斉に光を放つホタルです。その光景は幻想的で、まるでクリスマスツリーのように、辺り一面ホタルの光で覆い尽くされます。夏のマンタツアーでマンタを見て、「人生観が変わった」とおっしゃるお客様が多いのですが、ホタルツアーもマンタに負けないくらい素晴らしいツアーです。きっと、昨年のホタルツアーに参加下さった皆さんも、「また見た?い!」と声を大にしておっしゃっていることでしょう。Aさんとか、MKさんご夫妻とか。声、聞こえちゃってますよ(笑)

ヤエヤマボタルの情報は、随時更新していきますので楽しみにしておいて下さいね。夢見るような、甘いひととき。石垣で体験してみませんか?

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • ひろ(元スタッフ )
  • 日本ウミガメ協議会元やりんぱなのスタッフとして活動し、現在は水産試験所で働いているカメがすきなおねーさんです。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら

この夏のイチオシ

星空ツアーのバナー

星座ブック作りのバナー

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ